LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジョシュア・オッペンハイマー監督作品『ルック・オブ・サイレンス』

初夏、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開!!

衝撃の大ヒット作『アクト・オブ・キリング』を被害者側から見つめ返す、慟哭のドキュメンタリー!

60年代インドネシアで密かに行われた大虐殺の実行者たちにカメラを向け、自分たちの行った虐殺を自らが演じて映画を作る、という前代未聞の手法が大きな話題を呼び、その禍々しさで賛否両論を巻き起こしながらも大ヒットした『アクト・オブ・キリング』。『ルック・オブ・サイレンス』は、この『アクト・オブ・キリング』と対をなす作品だ。
本作の主人公となるのは、虐殺で兄が殺害された後、その弟として誕生した青年アディ。彼の老いた母は、半世紀もの間、亡き我が子への想いを胸の奥に封じ込め、アディにも多くを語らずにいた。2003年、アディはジョシュア・オッペンハイマー監督が撮影した、加害者たちへのインタビュー映像を目にし、彼らが兄を殺した様子を誇らしげに語るさまに、強い衝撃を受ける。「殺された兄や、今も怯えながら暮らす母のため、彼らに罪を認めさせたい」そう願い続けたアディは、2012年にジョシュアに再会すると、彼と共に加害者のもとを訪れる。そして、母も知らなかった事実が明らかにされていく。
今回完成したビジュアルで大きく写しだされているのは、眼鏡技師として働くアディが用意した、視力検査用の眼鏡をかけた加害者の顔。恐怖によって“沈黙”を強いられながら生きてきたアディは、「無料の視力検査」を行うことで加害者の警戒をかわしながら、彼らに核心をついた質問を投げかけていく。虐殺の被害者が、今もなお権力者である加害者と対峙するのは、想像を絶するほどの危険が伴う。このビジュアルは、そんな状況下で意志を貫いたアディの勇気と、それによって浮かび上がる、加害者たちの“責任なき悪”の象徴でもあるのだ。
『アクト・オブ・キリング』が、権力者となったかつての加害者達の姿を映しだし、“悪の正体”とは何かを観客につきつけたのに対し、『ルック・オブ・サイレンス』は、被害者の視点から“責任なき悪”のメカニズムを浮かび上がらせる。
ジョシュア・オッペンハイマー監督作品『ルック・オブ・サイレンス』
初夏、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開
■公式サイト
http://www.los-movie.com
■Facebook
https://www.facebook.com/lookofsilence.movie
『ルック・オブ・サイレンス』
原題:THE LOOK OF SILENCE

製作総指揮:エロール・モリス『フォッグ・オブ・ウォー』/ ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』/ アンドレ・シンガー

製作・監督:ジョシュア・オッペンハイマー 共同監督:匿名

撮影:ラース・スクリー

2014年/デンマーク・インドネシア・ノルウェー・フィンランド・イギリス合作/インドネシア語/103分/ビスタ/カラー/DCP/5.1ch/

日本語字幕:岩辺いずみ/字幕監修:倉沢愛子

配給・トランスフォーマー 宣伝協力:ムヴィオラ