LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

本広克行監督作品『幕が上がる』

2015年2月28日新宿バルト9他全国公開!!

本広克行監督が今まで培って来たノウハウと全てを注ぎ込んだ意欲作

日本が誇る劇作家、平田オリザ氏の手による青春小説「幕が上がる」が映画化、舞台化されることが決定した。監督は『踊る大捜査線シリーズ』でお馴染みの本広克行監督。一時期は青年団に入団しようか悩んだほど平田オリザの演劇論や創作論に嵌ってしまったという本広克行監督が関わった全ての人にわがままを言って映画化にこぎ着けた意欲作だ。弱小演劇部の少女たちが全国大会を目指し、本当の喜び、本当の悲しみ、本当に大切なことに気づき、きらめいていく本作。主演である演劇部の高校生たちを演じるのはももいろクローバーZの5人。平田オリザ氏は当初キャスティングに期待と不安と半々であったそうだが、平田氏自らワークショップを開催するなどして、ももいろクローバーZの5人は役者として驚異的な成長を遂げたそうだ。舞台版は映画版と同様、本広克行監督の演出、ももいろクローバーZの5人の主演により2015年5月の公演予定。映画も舞台も、どちらもご期待あれ!

【原作のストーリー】

北関東の高校に通うさおりは、演劇部最後の一年を迎えようとしていた。姫キャラのユッコ、黙っていれば可愛いガルルらと共に、年にたった一度の大会に挑む。目指すは地区大会突破。そんな時、学校に新しい先生がやって来た。東京の大学で演劇をやっていたというスッゴイ美人。「何だ、小っちゃいな、目標。行こうよ、全国」。え? すべてはその一言から始まった。高校演劇は負けたら終わり。男子よりも、勉強よりも大切な日々が幕を開けるー
本広克行監督作品『幕が上がる』
2015年2月28日新宿バルト9他全国公開!!
※舞台『幕が上がる』は2015年5月公演予定
『幕が上がる』

原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社刊)

監督:本広克行/脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)

製作:「幕が上がる」製作委員会/制作プロダクション:ROBOT

出演

百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏/黒木華、ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎、他