LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

キム・ギドク監督作品『メビウス』

キム・ギドク監督最新作にして、“映画史上最も壮絶なヒューマンドラマ”

『サマリア』、『うつせみ』、『絶対の愛』など、時代を風刺しつつも偏愛に満ちた唯一無二の作風を持ち、『嘆きのピエタ』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したキム・ギドク監督の最新作となる『メビウス』では、監督自身の歴史でも類をみない領域へと足を踏み入れた。その過激さから韓国では上映制限が敷かれ、ここ日本でも審議の紆余曲折を経て、ギリギリのR18指定で公開が許された。『メビウス』にはセリフがない。キム・ギドク監督は「笑う」、「泣く」、「叫ぶ」この3つの感情要素だけで作品を創造した。シンプルなまでにそぎ落とされた演出の中にあるのは、尋常ならざる演技。映画史上最も壮絶なヒューマンドラマをあなたはどう受け止めるのか。

【Story】

父・母・息子の3人が暮らす上流家庭。家族としての関係は冷え切っていた。ある日、近くに住む女との不貞に気づき、嫉妬に狂った妻は、夫の性器を切り取ろうとする。しかしあえなく失敗し、矛先を息子に向ける。妻はそのまま家を出ていき、夫と息子は取り残される。性器を切り取られてしまった息子は絶頂に達することを知らずに生きていくのか。なくしたことで虐められ、生きて行く自信をもなくした息子。罪悪感に苛まれる父はそれでも絶頂に達することができる“ある方法”を発見する。それを息子に教えることで、再び関係を築いていく。だが、そこに家を出ていた妻が戻り、家族はさらなる破滅への道をたどり始める。父・母・息子、男と女、痛みと快楽、人間の全てはメビウスの輪のように表裏一体となり廻(ルビ:めぐ)る―。
家族とは何か。欲望とは何か。性器とは何か。

家族、欲望、性器は全て一つのものから始まっている。

私は父であり、母は私であり、そして母は父である。

元々私たちは欲望から生まれ、欲望を再生するのだ。

私たちはまるでメビウスの輪のように一つに繋がれている。

だからこそ羨み、忌み嫌い、そして愛するのである。

                          監督 キム・ギドク
キム・ギドク監督作品『メビウス』
12月6日(土)より新宿シネマカリテほか全国公開
■公式サイト
http://moebius-movie.jp/
『メビウス』

製作総指揮:キム・ギドク、キム・ウテク/製作:キム・スンモ/脚本、監督:キム・ギドク/撮影:キム・ギドク/照明:ムン・サンウォン/美術:ホン・ジ/音響:イ・スンヨプ/音楽:パク・インヨン/編集:キム・ギドク/視覚効果:イム・ジョンフン/衣装:イ・ジンスク

出演:チョ・ジェヒョン、ソ・ヨンジュ、イ・ウヌ

(2013年/韓国/83分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:뫼비우스/R18+)