LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

佐々木誠監督作品『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』

2015年2月14日(土)より渋谷アップリンクにて公開

誰でもない「ワタシ」の虚実皮膜な6年間の個人的記録

“生まれついての視覚障害者はSFアクション映画を作れるのか?”という問いから始まる『INNERVISION』(13)や、フジテレビNONFIXで放送され大きな話題となった『バリアフリーコミュニケーション 僕たちはセックスしないの?できないの?』(14)など、一貫して「マイノリティの視線」からの表現を続ける奇才・佐々木誠監督の最新作の公開が決定した。3部構成の今作は「マイノリティとマジョリティ その境界線を決めているのは誰なのか、何なのか」という問いにメタフィクション的なアプローチで迫り、3・11以降の日本の変化に対する危機感と、それでも信ずるべき希望を描き出す。出演はRTHROGRYPOSIS (アルトログリポージス・先天性多発性関節拘縮症)を患っていながら、障がい者の社会進出や表現活動の重要性を積極的に発信し、昨年今作の公開を待たずに急逝した門間健一。他にも鉄割アルバトロスケット主宰・作家の戌井昭人、映画作家・想田和弘、映画監督・竹馬靖具などが虚実入り混じった世界に出演。「NO BORDER」な未来が覗ける佐々木誠監督の意欲作となっています。

《Story》

ある「事件」の容疑者である少年・ノリツグ(通称「弟」)の真相に迫るため「弟」が所属するパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」に潜入する「ワタシ」。(『Chapter1/中島兄弟』)重度の身体障害者・モンマと出会い、彼の精力的に活動・発言する姿に、「ワタシ」にある疑問が生まれる。そして偶然出会ったアメリカ人留学生のクリスティに対し、思い切ってアクションを起こすのだが……。(『Chapter2/クリスティ』)東日本大震災が起こったことで、それぞれの日常は考えもしなかった方向へと変化していく。原発事故を抱えた日本で暮らす「ワタシ」が「行き着く先」の本当の意味とは?(『Chapter3/リリィ』)
佐々木誠監督作品『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』
2015年2月14日(土)より渋谷アップリンクにて公開
■上映館
渋谷アップリンク(住所:東京都渋谷区 宇田川町37−18 トツネビル4)
http://www.uplink.co.jp/
■チケット代金

NO BORDER として、前売/当日ともに1,300円均一

※前売り券のみ限定オリジナル缶バッジ付。2回目以降受付で缶バッジご提示で、何度でも1,000円でご覧いただけるリピーター割引あり。
■公式サイト
http://sasaki-makoto.com/pg181.html
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』

(2015年/英語・日本(英語字幕)/85min/SD/4:3/配給・宣伝:WaterMethodMan)

監督:佐々木誠

出演:門間健一、中島教知、中島朋人、クリスティーナ・ロバーツ、MAMI、竹馬靖具、熊篠慶彦、山本修司、LILY、想田和弘、戌井昭人

英語字幕:Garro Heebae /イラスト:サイトウユウスケ/デザイン:高橋キンタロー、足利瑞枝/予告編ナレーション:ロバート・ハリス/音楽:UNpro by hideki 協力:鉄割アルバトロスケット、上田茂、小山巧、Terumi Hashimoto Myhrvold、松田高加子、蔭山周

配給協力・宣伝:contrail © Makoto Sasaki