LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

山本政志監督作品『水の声を聞く』

12月13日より新宿ケイズシネマにてアンコール上映、他全国順次公開中!

待望のアンコール上映決定!!

監督として『ロビンソンの庭』 (87年)でロカルノ国際映画祭審査員特別賞を受賞した他、プロデューサー/俳優としても活躍する山本政志監督最新作品『水の声を聞く』が12月13日より新宿ケイズシネマにてアンコール上映される。軽い気持ちで巫女を名乗り気が付いたら宗教団体の教祖となっていたヒロイン「ミンジョン」を演じるのは日本・韓国・ヨーロッパをボーダレスに活躍する俳優の玄里(ヒョンリ)。透明感のある美しさの中に強さと儚さを併せ持つ姿を熱演。また、演技派俳優として幅広く活躍する村上淳ほか、注目の個性派趣里が脇を固める。本作は山本監督がプロデュースする実践映画塾「シネマ☆インパクト」の企画として制作され、異例の大ヒットとなった大根仁監督作品『恋の渦』(「シネマ☆インパクトvol.3」)で得た収益を全て投入し製作した力作となっている。各界から多くの指示を得た本作。未見の方は是非この機会に足をお運びください。

【Story】

東京・新宿コリアンタウン。在日韓国人のミンジョンは美奈の誘いにのり、お小遣い稼ぎのつもりで“巫女”を始めた。しかし想像以上に信者が増え、宗教団体「真教・神の水」が設立されるなど、後戻りができない状況になる。不安定な現代に救いを乞う信者がさらに増え続け、ミンジョンは聖と俗の狭間で苦悩し、やがて偽物だった宗教に心が入ってくる。そしてミンジョンは大いなる祈りを捧げ始めるのだった。いったい何が「本物」で、何が「偽物」なのか? 大いなる祈りは、世界に届くのか?
山本政志監督作品『水の声を聞く』
12月13日より新宿ケイズシネマにてアンコール上映決定!他、全国順次公開—
■全国公開情報

新宿 K’s cinema 12/13~12/26

名古屋 シネマスコーレ 12/6~12/26

大分 シネマ5 11/29~

広島 横川シネマ 12/27~1/9

(他公開情報は公式サイトより詳細あり)

■公式サイト
http://www.mizunokoe.asia/
■公式Facebookページ
https://www.facebook.com/mizunokoewokiku
■公式Twitter
https://twitter.com/thevoiceofwater
『水の声を聞く』

(2014年/日本/129分©CINEMA✩IMPACT)

監督:山本政志

プロデューサー:村岡伸一郎/ラインプロデューサー:吉川正文

脚本:山本政志/撮影:高木風太

出演:玄里/村上淳/趣里/中村夏子/鎌滝秋浩/小田敬/萩原利久/齋藤隆文