LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

「MoMAニューヨーク近代美術館映画コレクション」 東京国際映画祭〈特別提携企画〉開催決定!

厳選された作品を「MoMAコレクション」として、映画のオリジナルの美しさを堪能!!

今秋、東京国際映画祭では東京国際映画祭・東京国立近代美術館フィルムセンター/シネマテーク・プロジェクトとの共催企画として「MoMA ニューヨーク近代美術館映画コレクション」を、10月24日~11月9日、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催される。

MoMAの通称で知られる「ニューヨーク近代美術館」。その映画部門は、イギリス生まれの映画評論家アイリス・バリーの献身的な活動により、1929年の美術館設立の6年後、1935年に誕生。それから80年、MoMAは22,000作品を超える世界最大級の膨大なコレクションと野心的な上映プログラムで、常に世界のフィルム・アーカイブ活動をリードし続けてきた。

今回は、その中でも厳選された作品を「MoMAコレクション」として、映画のオリジナルの美しさを堪能出来る貴重な機会となっている。
そこにわれわれが感じるのは、目くるめく映画の自由である。映画にも古典はあるが、一世紀ほどの間に選ばれた古典はいつも古典でないものによって照らし直され、改めて時の試練(テスト・オブ・タイム)に耐えて行くことになる。MoMAは突然に姿を現す輝ける非=古典を見逃さず、上映し、保存し、古典の定義そのものを揺さぶってきた。

(「フィルムの夢、映画の自由―MoMAコレクションの上映を考える―」(岡島尚志)より)

<上映作品>

映画草創期1905年に撮られた『ニューヨークの地下鉄』から、D.W.グリフィスやマック・セネットの短編、ウォルト・ディズニー自身がつくった貴重なアニメーションや、ジョン・フォード、ハワード・ホークスの初期の名作、ジョン・ウェインの映画デビュー作に、数々の映画に影響を与え、時代を超えて愛される不朽のラブストーリー『邂逅(めぐりあい)』、1950年代ハリウッドの黄金時代を彩る作品群、アフリカン・アメリカンによる伝説的なインディペンデント映画や若き日のマーティン・スコセーシ監督が自身の家族を撮った貴重なドキュメンタリー、さらには現在のフィルム時代の終焉を暗示するかのような実験映画まで、多様で魅力的な作品群を美しいヴィンテージ・プリントで上映。

『香も高きケンタッキー』

監督│ジョン・フォード

1925年│71分│24fps | 35mm│無声│モノクロ
『譽れの一番乗』

監督│ジョン・フォード

1926年│67分│23fps | 35mm│無声│モノクロ
『雲晴れて愛は輝く』

監督│ハワード・ホークス

1927年│74分│24fps | 35mm│無声│モノクロ/一部染色
『タイタニック』

監督│アラン・ドワン

1927年│91分|24fps | 35mm|無声│モノクロ
『ビッグ・トレイル』

監督│ラオール・ウォルシュ

1930年│122分│35mm│モノクロ
『邂逅(めぐりあい)』

監督・原案│レオ・マッケリー

1939年│88分│35mm│モノクロ
『真昼の暴動』

監督│ジュールス・ダッシン

1947年│98分│35mm│モノクロ
『暗黒の恐怖』

監督│エリア・カザン

1950年│96分│35mm│モノクロ
『バンド・ワゴン』

監督│ヴィンセント・ミネリ

1953年│112分│35mm│カラー
『有名になる方法教えます』

監督│ジョージ・キューカー

1954年│87分│35mm│モノクロ
『悲しみよこんにちは』

監督│オットー・プレミンジャー

1958年│94分│35mm│モノクロ、カラー
<アンディ・ウォーホル プログラム>
『スクリーンテストーアンディ・ウォーホルの最も美しい女性たち(4人版)』

監督・撮影│アンディ・ウォーホル

1964年│15分│16fps│16mm│無声│モノクロ
『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』

監督・出演│アンディ・ウォーホル

1966年│67分│16mm│モノクロ
『スウィート・スウィートバック』

監督・脚本・音楽・出演│メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ

1971年│98分│35mm│カラー
『ガンジャ&ヘス』

監督・脚本・出演│ビル・ガン

1973年│113分│35mm│カラー
『イタリアン・アメリカン』

監督・脚本・出演│マーティン・スコセッシ

1974年│48分│35mm│カラー
『ディケイシャ』

監督・脚本│ビル・モリソン

2002年│67分│DCP│モノクロ
<短篇>
『ニューヨークの地下鉄』

監督│G・W・ビッツァー

1905年│4分│24fps│35mm│無声│モノクロ
『女の叫び』

監督│D・W・グリフィス

1911年│17分│16fps│35mm│無声│モノクロ/一部染色
『男の友情』

監督・脚本│D・W・グリフィス

1912年│13分│18fps│35mm│無声│モノクロ
『ツーリスト』

監督│マック・セネット

1912年│6分│16fps│35mm│無声│モノクロ
『ニューマン劇場のお笑い漫画』

監督・出演│ウォルト・ディズニー

1920年│3分│23fps│35mm│無声│モノクロ
『フラッシング・メドウズ』

監督│ジョゼフ・コーネル

1965年│8分│16mm│無声│カラー
■主催
東京国立近代美術館フィルムセンター/一般社団法人コミュニティシネマセンター(シネマテーク・プロジェクト)/東京国際映画祭/モーション・ピクチャー・アソシエーション(MPA)/株式会社日本国際映画著作権協会
■特別協力
ニューヨーク近代美術館
■会期
10月24日(金)〜11月9日(日)
■会場
東京国立近代美術館フィルムセンター大ホール(東京都中央区京橋3-7-6)
※10月27日(月)、11月3日(月祝日)は休館日
■公式サイト
http://www.momat.go.jp