LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

イ・ジョンボム監督作品『泣く男』日本オリジナル予告編、ついに解禁!

壮絶なアクションと主演チャン・ドンゴンの魅力満載の、日本オリジナル予告編がついに解禁となった!

この度解禁となった日本オリジナルの予告編では、チャン・ドンゴン演じる孤独な殺し屋が、自分の犯したある過ちの罪悪感から、やがて組織を裏切り、命を賭けてその身を投じる壮絶な戦いが、圧巻のアクションシーンとともに展開される。

特に、トカレフ、ショットガン、M4、グロック19、MP5K、38口径、消音器P250などの多様な銃器による、スピード感、緊迫感ある銃撃シーンは、ハリウッド製ガンアクションにも匹敵するほどのスケール! 

「すぐに忘れられてしまうようなアクション映画にはしたくなった」と語るイ・ジョンボム監督が描きだす、哀しき贖罪の行方、そして新たな男のカタルシスとこだわりの世界観が垣間見られる、必見の予告編となっている。
【Story】

幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。

ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴン。しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。そこで彼を待ち受けていたのは、哀しい因縁で結ばれた最後のターゲットと、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だったー。
イ・ジョンボム監督作品『泣く男』
10/18(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国ロードショー
■公式サイト
http://www.nakuotoko.jp
(8月16日(土)より、全ての汚れを殺し屋のように消し去る“拭く男”ファイバークロスが付いた特別鑑賞券も発売!(※一部劇場のみ※数量限定)。詳細は公式サイトまで)
『泣く男』
■監督:イ・ジョンボム 『熱血男子』、『アジョシ』

■出演:チャン・ドンゴン 『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』/キム・ミニ 『火車 HELPLESS』『恋愛の温度』/ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、『ウルヴァリン:SAMURAI』/キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』

2014年/韓国映画/116分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド/日本語字幕:根本理恵/R15+

©2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

■配給:CJ Entertainment Japan