LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

セドリック・クラピッシュ監督作品『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』

セドリック・クラピッシュ監督“青春三部作”、遂に完結!

シリーズ主要キャストがクラピッシュの元に再結集。


『スパニッシュ・アパートメント』(01)、『ロシアン・ドールズ』(05)に続き、セドリック・クラピッシュ監督の“青春三部作”の最新作にして完結編となる『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』の日本公開が決定!

同世代の観客の心を射止めて大ヒット、共に成長してきた人気シリーズの最新作にして完結編。パリの大学生グザヴィエのバルセロナ留学時代をビビッドに綴った『スパニッシュ・アパートメント』(01)、社会人となったものの足元が定まらない彼の恋愛・人生模様を描いた『ロシアン・ドールズ』(05)。あれから10年。人生設計ズレまくりの40歳、グザヴィエの人生のままならなさと悪戦苦闘に、つい噴き出し、思わず共感し、またもドキドキ切なくなること必至。

グザヴィエを演じるロマン・デュリス、元カノ、マルティーヌを演じるオドレイ・トトゥ、その他、ケリー・ライリーやセシル・ド・フランスなど、本シリーズによるブレイク組も再登場し、1作目からの変化や成長、または変わりなさで大いに観客を楽しませてくれる。一昨年来、世界的な大ヒット作を次々生み出す絶好調のフランス映画の再活況を反映したような、ユーモアと疾走感あふれる恋愛・人間ドラマだ。
セドリック・クラピッシュ監督作品『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』
12/6(土)より、Bunkamura ル・シネマ ほか全国順次ロードショー!!
■公式サイト
http://www.nyparisian.ayapro.ne.jp/
『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』
監督・脚本:セドリック・クラピッシュ

2013年/フランス・アメリカ・ベルギー/英語・フランス語/アメリカンビスタ/カラー/117分/

原題:Casse-tête chinois

(C) 2013 Ce Qui Me Meut Motion Picture - CN2 Productions - STUDIOCANAL - RTBF - France 2 Cinéma