LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

パブロ・ラライン監督作品『NO』

CM は世界を変えられるのか!?若き広告マンが恐怖政治に挑んだ、政権打倒キャンペーンの行方は―

世界の名だたる映画祭や映画賞で高い評価を受け、公開された国々で軒並み大ヒットを飛ばしているチリ映画『NO』が遂に日本上陸した!パブロ・ラライン監督の長編『トニー・マネロ』、『検死』に続くチリ独裁政権3部作の完結編。また、本作は実話を元にしており、撮影技法も当時の映像とドラマが巧みに融合していくことを狙い、ビンテージカメラを使用、実際の映像とフィクションをうまく交錯させて、作品の舞台である80 年代を追体験するような演出効果に成功している。広告の力が社会に与える影響を観る者に問う、傑作社会派エンターテインメント映画!

【Story】

1988 年ピノチェト政権末期、長きにわたるアウグスト・ピノチェト将軍の軍事独裁政権に対する国際批判の高まりの中で、信任延長の是非を問う国民投票が実施されることになり、ピノチェト支持派「YES」と反対派「NO」両陣営による1日15分のTVコマーシャルを展開する一大キャンペーン合戦が行われる。「NO」陣営に雇われた若き広告マンのレネ・サアベドラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)が斬新かつユーモア溢れる大胆なアイデアで、支持派の強大な権力と向き合い熾烈なメディア争いを繰り広げていく—
パブロ・ラライン監督作品『NO』
[東京]ヒューマントラストシネマ有楽町、[大阪]テアトル梅田、[神戸]シネ・リーブル神戸ほか全国順次ロードショー
■公式サイト
http://www.magichour.co.jp/no/
『NO』

監督:パブロ・ラライン/脚本:ペドロ・ペイラノ

オリジナル戯曲:アントニオ・スカルメタ「国民投票」

出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、アルフレド・カストロ、アントニア・セヘルス、ルイス・ニェッコ

配給・宣伝:マジックアワー

(2012/チリ・アメリカ・メキシコ/スペイン語/カラー/スタンダード/5.1ch/118分 日本語字幕:太田直子/スペイン語監修:矢島千恵子/後援:チリ大使館)