LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジャン・ユンカーマン監督作品『沖縄 うりずんの雨』

70年目の沖縄慰霊の日にあわせ6月20日(土)より東京・岩波ホール、沖縄・桜坂劇場ほか 全国順次公開

真の平和を求め、不屈の戦いを続けている沖縄の人々の尊厳を描いた渾身のドキュメンタリー。

1945年4月1日、アメリカ軍が沖縄本島に上陸、12週間に及ぶ沖縄地上戦では4人に一人の住民が命を落とした。
当時同じ戦場で向き合った元米兵、元日本兵、そして沖縄住民に取材を重ね、米国立公文書館所蔵の米軍による記録映像を交えながら沖縄戦の実情に迫っていく本作。
監督は、『老人と海』で与那国島の荒々しくも美しい自然と風土を捉え、『映画日本国憲法』で日本の平和憲法の意義を訴えた、米国ミルウォーキー生まれのジャン・ユンカーマン。戦後のアメリカ占領期から今日に至るまで、米軍基地をめぐる負担を日米双方から押し付けられてきた沖縄の差別と抑圧の歴史を描き、現在の辺野古への基地移設問題に繋がる、沖縄の人々の深い失望と怒りの根源を浮かび上がらせる。
※「うりずん」とは、潤い初め(うるおいぞめ)が語源とされており、冬が終わり大地が潤い、草木が芽吹く3 月頃から、沖縄が梅雨に入る5 月頃までの時期を指す言葉。 4月1日から始まった沖縄地上戦がうりずんの季節に重なり、戦後70年たった現在も、この時期になると戦争の記憶が甦り、体調を崩す人々が存在することから、沖縄を語る視点のひとつとして、本作タイトルに使用されている。
ジャン・ユンカーマン監督作品『沖縄 うりずんの雨』
70年目の沖縄慰霊の日にあわせ6月20日(土)より東京・岩波ホール、沖縄・桜坂劇場ほか 全国順次公開
■公式サイト
http://okinawa-urizun.com/
■公式Twitter
https://twitter.com/okinawaurizun/
■公式Facebook
https://www.facebook.com/okinawa.urizun/
『沖縄 うりずんの雨』
(2時間28分/カラー/DCP・BD/ステレオ5.1ch/©2015 SIGLO/配給:シグロ)

監督:ジャン・ユンカーマン

企画・製作:山上徹二郎

製作:前澤哲爾、前澤眞理子

撮影:加藤孝信、東谷麗奈、Chuck France、Stephen McCarthy、Brett Wiley