LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ハニ・アブ・アサド監督作品『オマール、最後の選択』

2015年公開決定!!

死んで英雄になるか、それとも裏切り者として生きるか。生々しいパレスチナの現状

自爆攻撃へ向かう若者たちを描いた『パラダイス・ナウ』で2006年ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞/アカデミー賞外国語部門にノミネートされた鬼才ハニ・アブ・アサド監督の新作『オマール、最後の選択』の公開が決定した。本作はイスラエル兵士を殺害した疑いで捕えられたパン職人の青年オマールが死ぬか、それともスパイになるかという究極の選択を迫られ苦悩する状況をサスペンスフルに描かれている。主人公を演じるアダム・バクリを筆頭に、映画出演経験のほとんどないパレスチナ人の新進俳優たちが熱演を披露。また、パレスチナ資本によって製作され、製作スタッフは全てパレスチナ人、撮影も全てパレスチナで行われるなどパレスチナが置かれている状況を観る者に生々しく訴え掛ける。

【Story】

オマールは、監視塔からの銃弾を避けながら分離壁をよじのぼっては、壁の向こう側に住む恋人ナディアのもとに通っていた。壁のこちら側では思慮深く真面目なパン職人のオマールは、壁の向こう側では仲間と共に自由の闘士となる。ある日、イスラエル兵士を殺害した疑いで捕えられたオマールは、イスラエル軍より拷問を受け、死ぬかスパイになるかの選択を迫られる。幼馴染のアムジャドとタレクとの友情、そしてナディアとの関係さえも壊され、心の拠りどころをすべて失ったオマールが最後に選択した行動とは…。
ハニ・アブ・アサド監督作品『オマール、最後の選択』
2015年公開決定!!
『オマール、最後の選択』

(2013年/パレスチナ/97分/アラビア語・ヘブライ語/カラー/ドルビーデジタルSRD 5.1/スコープサイズ/DCP)

監督・脚本・製作:ハニ・アブ・アサド

撮影:エハブ・アッサル/編集:マーティン・ブリンクラー、イヤス・サルマン

出演:アダム・バクリ、ワリード・ズエイター、リーム・リューバニ、サメール・ビシャラット、エヤド・ホーラーニ、他