LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ニコラス・ウィンディング・レフン監督作品『オンリー・ゴッド』

ライアン・ゴズリング主演 × ニコラス・ウィンディング・レフン監督
『ドライヴ』コンビの熱狂再び!

2011年カンヌ国際映画祭で監督賞受賞、世界中で数々の賞を受賞した『ドライヴ』の主演ライアン・ゴズリングと監督ニコラス・W・レフンが再びタッグを組んだ最新作が遂に日本上陸。ハリウッドや世界中からオファーが殺到しているニコラス・W・レフン監督が次に選んだ本作のテーマは、自身が長年捕らわれてきたと語る「神と対峙する男」。
2013年カンヌ国際映画祭では、2011年に続きコンペティション部門に正式出品され、観客の想像を遥かに超えた映像美と、過激なアクション描写で上映後は騒然となった。全世界で賛否両論を巻き起こし、観る者の創造力と感性を否応なく研ぎ澄まして、“観る覚悟”が試される挑戦的な映画がここに誕生した。

【Story】アメリカを追われ、タイのバンコクでボクシングクラブを経営しながら、裏でドラッグビジネスに手を染めているビリーとジュリアンの兄弟。ある日、兄ビリーが何者かに惨殺される。知らせを受けた彼らの母親であり巨大犯罪組織のボスであるクリスタルが、アメリカから駆け付ける。しかし、ジュリアンがビリー殺しの犯人を殺さなかったと知り、彼を責めたてる。やがてそんなジュリアンの前に、神に代わって裁きを下す謎の男チャンが現われる。兄の復讐を果たそうとするジュリアンと、神の裁きを与えるチャン―。遂に直接拳を交えることになる2人―。壮絶な復讐劇が幕を開ける―。

『オンリー・ゴッド』公式サイト→ http://onlygod-movie.com/
『オンリー・ゴッド』
監督・脚本・製作:ニコラス・ウィンディング・レフン/撮影:ラリー・スミス/編集:マシュー・ニューマン/音楽:クリフ・マルチネス/製作:レネ・ボルグルム、シドニ・デュマ、ヴィンセント・マラヴァル/出演:ライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、ヴィタヤ・パンスリンガム、ラター・ポーガーム、ゴードン・ブラウン、トム・バーク/2013年/デンマーク・フランス/90分/配給:クロックワークス、コムストック・グループ
http://onlygod-movie.com/