LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

朝倉加葉子監督作品『女の子よ死体と踊れ』

10月31日(土)よりシネマート新宿、11月14日(土)よりシネマート心斎橋ほか全国順次公開!

アイドルグループ“ゆるめるモ!”×朝倉加葉子監督

ファンタジック・ガーリーホラー映画誕生!


主演を務めるのは本作が映画初主演、話題沸騰の女性6人組ニューウェーブアイドルグループ“ゆるめるモ!”。2012年10月に結成され、メンバーは<もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう>の6人。NEU!、ESG、Suicideなどのオマージュや非常階段やハヤシヒロユキ(POLYSICS)とのコラボレーションで幅広く音楽ファンから支持を集め、昨年は恵比寿リキッドルームワンマンを、今年は赤坂BLITZワンマンを成功させ、年末にはZepp DiverCityでのワンマンライブも控えるなど、着実にステップアップを続ける。いま最も勢いのあるガールズグループだ。
監督は2013年に公開されたホラー映画『クソすばらしいこの世界』が映画ファンの話題をさらった注目の若手女流監督、朝倉加葉子。メンバーそれぞれの個性を掴み、物語の中に見事に“ゆるめるモ!”を存在させた。また企画・制作は吉祥寺バウスシアターのクロージング作品にもなった『BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー』(2014年/継田淳監督)を手掛けたTRASH-UP!!が担当。撮影はまだ寒さの残る時期の山間部にスタッフ、キャストが籠り極限状態の合宿生活で行われたが、抜群のチームワークでこれまでありそうでなかったファンタジックなガーリーホラー映画が誕生した!
朝倉加葉子監督作品『女の子よ死体と踊れ』
10月31日(土)よりシネマート新宿、11月14日(土)よりシネマート心斎橋ほか全国順次公開
■公式サイト
http://ymm-film.com
■2つのデザインから選べる特別鑑賞券1,300円(税込)
シネマート新宿、シネマート心斎橋、劇場窓口にて発売中!
『女の子よ死体と踊れ』
出演:ゆるめるモ!〈もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう〉、

松田優、原扶貴子、尾本卓也、国分崇、川連廣明、信國輝彦、古内啓子

監督・脚本:朝倉加葉子

音楽:ゲイリー芦屋

2015年/日本/カラー/2ch/ビスタ/70分

配給:日本出版販売 ©2015 YOU’LL MELT MORE!Film Partners

ストーリー:清掃会社YMMクリーニングでバイトをする、“もね”、“けちょん”、“しふぉん”、“ようなぴ”、“ちーぼう”の何処にでもいる5人の女の子たち。鬼の様なブラック女社長に恫喝されながら、嫌々だけど他にやりたいこともないから何となくつまらない毎日を過ごす日々…。そんなある日、森の中の清掃現場で彼女たちが発見したのは透き通るように美しい少女の“死体”。ノルウェーのブラックメタルバンドの儀式を使って“死体”を蘇らせることに成功した5人だったが、その死体“あの”には知ってはならないヤバすぎる秘密が隠されていた。