LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

廣木隆一監督作品『娚の一生(おとこのいっしょう)』

きっとあなたの側にある。寄り添い生きる、優しい愛の物語。

大人の女性を中心に絶大な支持を得るラブストーリーコミック「娚の一生」(小学館 フラワーコミックスα刊) を映画化した『娚の一生』の公開日が、2015年2月14日(土)のバレンタインデーに決定!本作は、榮倉奈々、豊川悦司をダブル主演に迎え、ほか向井理、安藤サクラらが出演。『きいろいゾウ』『100回泣くこと』などの廣木隆一監督がメガホンをとった。

キャッチコピーには、<恋をしないと決めた女 52歳独身の大学教授 「ずっとひとりだと思ってたのに―。」>とあり、結婚適齢期を迎えた女性が、いかに悩み、迷い、共に寄り添い生きることを決意するに至るかを期待させるコピーとなっている。

また、本作のために書き下ろしされ、大人の女性ゆえの、素直に恋に甘えられない気持ちがほどけてゆく様を、爽やかなリズムと共に歌い上げた、JUJUの「Hold me, Hold you」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)をBGMに、自転車の2人乗りや、ドライブ、つぐみ(榮倉奈々)が海江田(豊川悦司)の背中に抱き着く可愛らしいバックハグなど、リアルな大人の恋愛模様が散りばめられている。
女性として、理想的な恋愛をしていくつぐみちゃんを羨ましく思う恋愛映画でした。

榮倉奈々

足のシーンは印象に残ってます。僕自身はノーマルな方だと思うので、撮影時はとてもドキドキしました。

豊川悦司

生身の人間がやれば、リアルさが出ます。映像は空間の切り取りなので、光、風、空気が確実に生まれる。だからこそ、生々しい。足のシーンは、特にいい時間を狙って撮っています。その方が観ている側の想像力を掻き立てられると思いますから。

廣木隆一監督

【Story】

東京で忙しくキャリアを積み、辛い恋愛をしていた堂薗つぐみ(榮倉奈々)は本当の幸せと恋愛に臆病になっていた。なにもかもに疲れ、仕事を辞めて、祖母が暮らす田舎の一軒家でゆっくりと自分の人生を見つめなおすことを決意する。そんな中、期せずして迎えた祖母の死をきっかけにそこで52歳独身の大学教授・海江田醇(豊川悦司)に出会う。生前祖母から鍵を預かっていたと言う海江田との奇妙な同居生活が始まった。つぐみに好意を抱いたという海江田の求愛に戸惑いを感じるつぐみだったが、次第に心を開いてゆく。大人の男女ならではのラブストーリー!

廣木隆一監督作品『娚の一生(おとこのいっしょう)』
2015年2月14日(土)全国公開
▪️公式サイト
http://otokonoissyou-movie.jp
『娚の一生(おとこのいっしょう)』
監督:廣木隆一

出演:榮倉奈々 豊川悦司 / 安藤サクラ 前野朋哉 落合モトキ 根岸季衣 濱田マリ 徳井優 木野花 / 向井理

原作:西炯子 「娚の一生」(小学館 フラワーコミックスα刊)

主題歌:JUJU「Hold me, Hold you」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

配給:ショウゲート

(C)2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会