LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

バーナード・ローズ監督作品『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』

史上最高の天才ヴァイオリニスト、パガニーニのスキャンダラスな生涯に秘められた真実とは──?

熱狂のあまり気絶する聴衆まで出たという音楽至上最も不道徳な男パガニーニの生涯を描く映画『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』。監督は“音楽史上、最初のロックスター”という現代的かつ独自の視点からベートーヴェンにアプローチした映画『不滅の恋 ベートーヴェン』で大ヒットを記録した、バーナード・ローズ監督。パガニーニを演じるのは、欧米で爆発的な人気を誇るスーパースター・ヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレット。パガニーニに初めて愛とは何かを教える無垢なるシャーロットには、『レ・ミゼラブル』でスクリーンデビューを果たした若きソプラノ歌手、アンドレア・デック。息を呑む超絶技巧と切なくも美しい愛の物語に涙する、超本格的音楽エンターテインメント。

【内容】

ニコロ・パガニーニ──聴衆を驚愕の嵐に巻き込み、「悪魔に魂を売り渡して手に入れた」と恐れられた前代未聞の超絶技法、派手な女性関係、ギャンブル・・・尽きることのない逸話の影には、彼の人生を変えた知られざる二人の人物がいた。一人は、パガニーニを一大スターへと押し上げた敏腕マネージャー。もう一人は、生涯ただ一度の"純愛"の相手──。不世出の才能に恵まれながらも、破滅型の異端児だったパガニーニがいかにしてヨーロッパ随一のアーティストへと上りつめたのか?そのカリスマ性に群がる女性たちと放蕩の限りを尽くしていた男が、なぜ一人の女性に魂を奪われたのか?そして純粋すぎる愛の思いがけない行方とは?いま、パガニーニのドラマティックな生涯に秘められた真実が明かされる。
バーナード・ローズ監督作品『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』
TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国公開中
■公式サイト
http://paganini-movie.com/
『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』

監督・脚本・撮影:バーナード・ローズ

主演・製作総指揮・音楽:デイヴィッド・ギャレット

出演:ジャレッド・ハリス、クリスチャン・マッケイ、ヘルムート・バーガー

2013年/ドイツ映画/英語/デジタル5.1ch/シネマスコープ/122分/PG-12

原題:The Devil’s Violinist/字幕翻訳:古田由紀子/サウンドトラック:ユニバーサル ミュージック/配給:アルバトロス・フィルム/クロックワークス