LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジア・コッポラ監督作品『パロアルト・ストーリー』

6/6(土)より『カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2­015』にて特別上映

フランシス・F・コッポラの孫娘、ジア・コッポラ監督デビュー!!

原作はジェームズ・フランコ著の短編小説「パロアルト・ストーリーズ」(2010年)。 ジア・コッポラ監督は「ここまで若者がリアルに描かれていて、私自身が気に入った小説には出会ったことがなかった」と語っており、一方、原作者であり劇中出演も果たしているジェームズ・フランコも「僕の小説を映画化するのはジアしかいないと思った」と、お互いの才能を認め合いながらの製作がおこなわれた模様だ。
主演はジュリア・ロバーツの姪であり、若手注目株のエマ・ロバーツ。 ジェームズ・フランコはその彼女と関係をもつサッカーコーチとして登場し、他にもヴァル・キルマーやその息子であり、モデルとして活躍中のジャック・キルマーが出演、ノンクレジットではあるがF.F.コッポラも声の出演で参加している。
映画音楽にはブラッド・オレンジとしても活躍するデヴ・ハインズが、本人名義で書き下ろした新曲2曲を含む計4曲を提供しており、甘くみずみずしい仕上がりとなったサウンドトラックにも注目が集まっている
【Story】
内気で繊細な少女エイプリル(エマ・ロバーツ)は、学校で誰もが認める美人の優等生。しかし彼女は進路に悩み、将来の夢を描けず、クラブでは女子サッカーチームのフォワードを任されているが、練習に身が入らない。サッカーのコーチであるミスターB(ジェームズ・フランコ)とエイプリルはある時、教え子とコーチという関係にありながら、危うい関係を結んでしまう。
エイプリルと同じ学校に通う少年テディ(ジャック・キルマー)は内向的な性格のアーティスト。エイプリルに惹かれているが自分に自信がなく思いを伝えることができない。テディは常識外れの行動で、常にまわりを驚かす少年フレッド(ナット・ウルフ)とは仲がよく、二人で夜中のドライブなどで憂鬱さを晴らしている。テディはある事件がきっかけで自分を見つめなおす時間ができ、得意な絵を描くことで周囲の人間に喜ばれ、失った自信を取り戻していく。
そんな彼と久しぶりに再会したエイプリルは、初めて向かい合ってゆっくり話ができたことがきっかけで、次第に彼の胸の内を知ることとなり、いつしか2人はお互いに心を寄せあうようになっていく…。
ジア・コッポラ監督作品『パロアルト・ストーリー』
6/6(土)より『カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2­015』にて特別上映
■公式サイト
http://paloalto-story.com/
■公式Facebook
https://www.facebook.com/paloalto.story
■公式TWITTER
https://twitter.com/paloalto_story
『パロアルト・ストーリー』
(2014年/アメリカ映画/原題:Palo Alto/100分/5.1ch/カラー/16:9(ワイドスクリーン)/DCP/© 2013 SAMMY BANDINI FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.)

監督・脚本:ジア・コッポラ

音楽:デヴ・ハインズ、ロバート・シュワルツマン

出演者:エマ・ロバーツ、ジェームズ・フランコ、ナット・ウルフ、ジャック・キルアー、ヴァル・キルマー