LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジェレミー・セイファート監督作品『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』

2015年4月25日(土)全国順次公開!

子供たちの食の安全のため、お父さんが食産業の裏側へ!

遺伝子組み換え食品を描いたドキュメンタリー『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』が4月25日より渋谷アップリンク、名古屋名演小劇場にて公開となる。監督は2010年、初監督作品『DIVE!』で食料問題や飢餓が環境問題における抜本的な改革を紹介し、22の映画祭でさまざまな賞を受賞したジェレミー・セイファート監督。本作は3人の子どもを持つひとりの父親として「どんな食べものを、家族で選択していくのか」という答えをみつために遺伝子組み換え食品の真実を追うドキュメンタリーとなっています。遺伝子組み換えの世界がアニメで解説されるなど、非常にわかりやすく遺伝子組み換え食品について知ることができ、食の問題の理想と現実をどう折り合いをつけていくか考えるきっかけになる映画です。ぜひ、劇場で知られざる食品の世界をご覧ください。

【Story】

3人の子どもを持つ、父親であり、映画監督のジェレミー・セイファートは、種が大好きな長男の影響もあって「遺伝子組み換え生物=GMO」に興味を持つ。そもそも、アメリカでは表示義務すらないため、GM食品の存在自体がほぼ知られていない。ジェレミーは疑問に思い、家族と共に遺伝子組み換え食品の謎を解く旅に出る。世界各国への取材を重ねるうちに、徐々に明るみになっていく食産業の実態にジェレミーは言葉を失うのだった。
■公式サイト
http://www.uplink.co.jp/gmo/
『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』

(2013 年/英語、スペイン語、ノルウェー語、フランス語/87 分/カラー/アメリカ、ハイチ、ノルェー)

監督:ジェレミー・セイファート

出演:ジェレミー監督のファミリー、ジルエリック・セラリーニ、ヴァンダナ・シヴァ

配給・宣伝:アップリンク

協力:大地を守る会、生活クラブ生協、パルシステム生活協同組合連合、字幕協力:国際有機農業映画祭

  • 『定者如文(じょうしゃ・ゆきぶみ)』
    兵庫県神戸市出身。映画少年だった幼少期、バイクに溺れた10代、旅行に彷徨った20代前半を経て26歳で大阪芸術大学映像学科に入学、30歳で卒業・上京し東京藝術大学映像研究科第一期生として過ごし31歳で映像業界へと進む。その後映像業界で数々の現場をこなし東京で過ごした10年のキャリアの集大成として本年度の文化庁新進芸術家海外研修制度を利用してアメリカへと渡る予定。