LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

染谷将太、第14回ニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞!

「染谷は、日本の俳優の中でもすごく稀有な役者」(廣木隆一監督)

現地時間6月26日からニューヨークで開催されている第14回ニューヨーク・アジア映画祭で、俳優の染谷将太がこれからの活躍を期待する若手俳優に贈られる「ライジング・スター賞」を受賞。現地時間7月4日、リンカーンセンターウォルター・リード・シアターにて同賞の授賞式が行われた。
当映画祭はリンカーン・センター映画協会と Subway Cinema が主催する北米有数のアジア映画祭で、昨年のライジング・スター賞には『私の男』(監督:熊切和嘉)に主演した二階堂ふみが輝いている。それ以前には、『ミロクローゼ』(11年/監督:石橋義正)主演の山田孝之や『モテキ』(11年/監督:大根仁)に出演した長澤まさみ(第11回・2012年)が獲得している。
授賞式ではまず、ライジング・スター賞授与者であるスクリーン・インターナショナルのティム・グリアソン氏とともに染谷が登壇し、満席の観客席から盛大な拍手で迎え入れられ、トロフィー授与の後、喜びのコメントを述べた。
<染谷将太コメント>
この賞を受賞し大変光栄です。演技の道を極めて、今後も多くの映画に出演していきたいと思っています。本日はお招きいただきありがとうございます。
(※すべて英語でコメント)
また、この日は受賞対象作品となった『さよなら歌舞伎町』(監督:廣木隆一)、『TOKYO TRIBE』(監督:園子温)のニューヨーク・プレミアも行われ、『さよなら歌舞伎町』の上映終了後には南果歩、廣木隆一監督と共にQ&Aに参加。同作にまつわるエピソードや染谷将太の俳優としての姿勢が語られた。その模様を一部紹介。
MC:色々な監督と仕事をされているかと思いますが、廣木監督のユニークなところはどこでしたか? 園子温監督や三池崇史監督とも仕事をされているかと思いますが。
廣木監督:やっぱ一番好きなのは廣木監督?
(会場笑)
染谷:もちろんです。(笑) 廣木さんは役者に託してくれます。ヒントを役者に与えて、あとは場を利用して好きにやってくれ、表現してくれ、というス タンスの監督です。でも廣木さんが求めているものが出るまではとことん演じるので、2 週間という限られた時間でしたが、たくさん演じました。
MC:染谷さんにお尋ねします。インディペンデント作品とメジャー作品、どちらにも出演されていますがどちらが好きですか?
染谷:どちらも好きですね。でも雇われ仕事なので、それは運任せです。(笑)どちらも演じたいですが。
MC:特にやりたい役はありますか?
染谷:そうですね。夢のある役を演じたいですね。
MC:具体的に言うと?
染谷:ファンタジーであっても、現実的なリアリティドラマであっても、何か夢を持っているとか、何か希望的なものを感じられるか。そういう役はすごく楽しいですね。
MC:廣木監督にお尋ねします。染谷さんとの仕事はどうでしたか?
廣木監督:染谷は、日本の俳優の中でもすごく稀有な役者なんですよ。普段はこうやって居るんですけど、芝居をすると変わる稀有な役者です。稀有っていうのは良い意味で。
このほか映画祭では昨年亡くなった日本の名優、高倉健さんと菅原文太さんにささげるトリビュート上映企画も予定されている。第 14 回ニューヨーク・アジア映画祭は7 月 11 日まで開催。

『さよなら歌舞伎町』
9/3ブルーレイ・DVD発売  8/4先行レンタル開始 発売・販売元:ハピネット
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会

『さよなら歌舞伎町』
出演:染谷将太、前田敦子、イ・ウンウ ロイ(5tion)、桶井明日香、我妻三輪子、忍成修吾/大森南朋

田口トモロヲ、村上淳、河井青葉、宮崎吐夢、松重豊、南果歩

監督:廣木隆一/脚本:荒井晴彦、中野太

配給:東京テアトル

(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会

R15+

一流ホテルマンと周囲に偽る歌舞伎町のラブホテルの店長・徹。彼は有名ミュージシャンを目指す沙耶と同棲しているがちょっぴり倦怠期。勤め先のラブホテルでいつもの苛立つ1日を過ごすはずだった。そこに集まる年齢も職業も違う訳アリな男と女たち。彼らの人生が鮮やかに激しく交錯した時にあらわれる欲望や寂しさ、そして秘密。徹の人生もまた予期せぬ方へ変わっていく……。