LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

『ロマン・ポランスキー初めての告白』

6/1(土)〜7/12(金)渋谷シアター・イメージフォーラムにて6週間限定ロードショー!

ロマン・ポランスキー監督作品4作も同時上映!『ローズマリーの赤ちゃん』『水の中のナイフ』『反撥』『袋小路』

本作はポランスキーが、第二次大戦時にアウシュビッツで母親がナチスに殺害されたことをはじめ、1969年に2番目の妻である女優のシャロン・テイトがチャールズ・マンソン率いるカルト集団に惨殺され、さらに1977年には少女へのわいせつ容疑で逮捕されたのちアメリカ国外へ逃亡するといった波乱に満ちた人生を語るドキュメンタリー映画である。

壮絶な人生を送りながらもカルトホラー映画の金字塔「ローズマリーの赤ちゃん」(68)、フィルムノワールの傑作「チャイナ・タウン」(74)、カンヌ映画祭パルムドール&アカデミー監督賞受賞の「戦場のピアニスト」(02)など数々の話題作を精力的に撮り続けているポランスキー。

スイスで自宅軟禁生活を送っていた彼にインタビューをしたのは長年のビジネスパートナーであり、友人のアンドリュー・ブラウンズバーグだ。親しい友人相手に自分をさらけ出し、ときには涙すら浮かべるポランスキーの表情に胸打たれる。

また、同時上映される作品のニュープリント版『ローズマリーの赤ちゃん』、デジタル・リマスター版『水の中のナイフ』『反撥』『袋小路』にも注目だ。
■スケジュール
6/1(土)〜7/12(金)
詳しくはこちら→http://mermaidfilms.co.jp/rp/schedule.html
■場所
シアター・イメージフォーラム→http://www.imageforum.co.jp/map.html
公式サイト→ http://mermaidfilms.co.jp/rp
『「ロマン・ポランスキー初めての告白』
監督 : ローラン・ブーズロー
製作 : アンドリュー・ブラウンズバーグ
出演 : ロマン・ポランスキー
  • 『ロマン・ポランスキー』
    1933年フランス生まれ。ポーランドで映画を学び、初長編作品「水の中のナイフ」(62)で国際的に高い評価を受ける。ハリウッド進出後「ローズマリーの赤ちゃん」(68)を大ヒットさせたが、プライベートでは女優である妻シャロン・テイトがカルト教団によって惨殺され、自身は児童わいせつ容疑をかけられ国外逃亡など、数々のスキャンダルにみまわれた。しかし新作を撮り続け「戦場のピアニスト」(02)ではカンヌ国際映画祭パルムドール、アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している。