LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

『三大映画祭週間2014』開催決定!!

三大国際映画祭受賞作を集めた映画祭週間が帰ってくる!

カンヌ映画祭、ベルリン映画祭、ヴェネツィア映画祭と、世界最高峰の映画祭(三大映画祭)から選びぬかれた日本未公開の選りすぐりの映画を集め一挙公開する『三大映画祭週間』。2011年、2012年と2年連続開催された本企画は、多くの映画ファンが未知なる世界を求め劇場に足を運び、大好評のうちに終了した上映会だ。そして、ついに第三弾となる『三大映画祭週間2014』の開催が決定した。

ラインナップは国際色豊かな5作が集まった。昨年のベルリン国際映画祭で、映画芸術に新たな視点をもたらした作品に授与されるアルフレッド・バウアー賞を受賞したカナダ映画『ヴィクとフロ、熊に会う』。アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた実績を持つ、アルジェリア系フランス人監督のラシッド・ブシャール監督作で、2009年ベルリン国際映画祭の男優賞を受賞した『ロンドン・リバー』。2011年カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したほか、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた話題のイスラエル映画『フットノート』。2009年カンヌ国際映画祭の新人監督賞(カメラドール)を受賞した、アボリジニー出身の監督によるオーストラリア映画『サムソンとデリラ』。2012年ヴェネツィア国際映画祭で優秀女優賞を受賞した『フィル・ザ・ヴォイド』。

また今年は世界三大映画祭にならって巨匠たちの過去の作品を【レトロスペクティブ・シリーズ】として上映決定! パトリス・ルコント、ホウ・シャオシェン、アンリ・ジョルジュ・クルーゾー、ルイス・ブニュエル、アルフレッド・ヒッチコックといった名監督たちの旧作が本邦初、HD上映される。映画ファンにはたまらない『三大映画祭週間』。この夏、映画館で世界の未知なる映画を覗いてみてはいかがでしょうか?

『三大映画祭週間2014』開催決定!!
8月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
■作品ラインナップ
◯ベルリン国際映画祭作品
『ヴィクとフロ、熊に会う』(カナダ/2013年/95分) 

ベルリン国際映画祭2013 コンペティション部門出品/アルフレッド・バウワー賞受賞

監督:ドゥニ・コテ 

出演:ピエレット・ロビテーユ、ロマーヌ・ボーランジェ、マルク=アンドレ・グロンダン

【内容】元囚人のヴィクは刑務所仲間だったフロと、人生を立て直そうと田舎の山小屋にやってくる。しかし、二人の過去は幽霊のように付きまとい、衝撃的な結末を迎える。
『ロンドン・リバー』(アルジェリア、フランス、イギリス/2009年/90分)

ベルリン国際映画祭2009 コンペティション部門出品/男優賞受賞

監督:ラシッド・ブシャール 

出演:ブレンダ・ブレシン、ソティギ・クヤテ

【内容】オスマンとソマーズはそれぞれロンドンの学校に通う子供たちを訪ねてきた。二人の文化・環境は全く違うが、二人はそれを乗り越えて互いを励ましながら、探し続ける。
◯カンヌ国際映画祭作品
『フットノート』(イスラエル/2011年/103分)

カンヌ国際映画祭2011 コンペティション部門出品/脚本賞受賞

監督:ヨセフ・シダー 

出演:シュロモ・バル=アバ、リオル・ルイ・アシュケナージ、アリサ・ローゼン

【内容】エリエゼルとウリエルは共に大学教授の親子。ある日、エリエゼルが有名な賞が与えられるという噂が伝わったが、実はそれはウリエルに授与される賞だった。
『サムソンとデリラ』(オーストラリア/2009年/100分)

カンヌ国際映画祭2009 /カメラドール賞(新人監督賞)受賞

監督:ワーウィック・ソーントン

出演:ローワン・マクマナラ、マリッサ・ギブソン

【内容】変わらない時間が流れるアボリジニの村。二人の少年少女が、自分たちの未来を探すために旅に出る。しかし、そこに待っていたのは、現実という名の厳しい世界だった。
◯ヴェネツィア国際映画祭作品
『フィル・ザ・ヴォイド』(イスラエル/2012年/90分)

ヴェネツィア国際映画祭2012 コンペティション部門出品/優秀女優賞受賞(ハダス・ヤロン)

監督:ラマ・バースタイン

出演:ハダス・ヤロン/イフタチ・クライン/レナナ・ラズ

【内容】テルアビヴに住む典型的ユダヤ人一家の物語。末娘の結婚を目前に控えた時、姉が出産のために死んでしまう。そのため、彼女の結婚は延期なってしまうのだが…
◯レトロスペクティブ・シリーズ(すべてHD作品)
『仕立屋の恋』(フランス/1989年/80分)

監督:パトリス・ルコント

出演:ミシェル・ブラン/サンドリーヌ・ボネール/リュック・テュイリエ

【内容】『髪結いの亭主』と並ぶパトリス・ルコント監督の初期代表作。向かいに住む女に惹かれ、殺人事件に巻き込まれる中年の仕立て屋イールの物語。

『恋恋風塵』(台湾/1986年/109分)

監督:ホウ・シャオシェン

出演:ワン・ジンウェン/シン・シューフェン/メイ・ファン

【内容】台湾の名匠ホウ・シャオシェン(侯孝賢)の代表的青春映画。美しき台湾の原風景を背景に描かれる瑞々しき恋の物語は、日本にもファンの多い名作。

『犯人は21番に住む』(フランス/1942年/84分)

監督:アンリ・ジョルジュ・クルーゾー

出演:ピエール・フレネ/シュジー・ドレール/ジャン・ティシエ

【内容】『恐怖の報酬』『悪魔のような女』の名匠クルーゾーの記念すべき長編監督デビュー作。モンマルトルで起きた殺人事件を追う探偵の活躍を軽妙に描く。

『この庭に死す』(フランス、メキシコ/1956年/104分)

監督:ルイス・ブニュエル

出演:シモーヌ・シニョレ/シャルル・ヴァネル/ミシェル・ピコリ

【内容】シュールレアリズムの巨匠でもあるブニュエル監督の幻の怪作。南米の鉱山村を舞台に、一癖もふた癖もある人間たちが繰り広げるサバイバル劇!

『海外特派員』(アメリカ/1940年/120分)

監督:アルフレッド・ヒッチコック

出演:ジョエル・マクリー/ラレイン・デイ/ハーバート・マーシャル

【内容】ヒッチコックのハリウッド進出第2弾。第二次大戦前夜のヨーロッパを舞台に、ドイツのスパイ組織の陰謀を暴く青年新聞記者の活躍を描く傑作サスペンス!

■開催期間
8月16日(土)より9月5日(金)まで(限定3週間ロードショー)
■劇場
ヒューマントラストシネマ渋谷 
※シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開予定
■チケット料金
当日券:一般¥1,800 / 大・高・専¥1,500 / 中学生以下・シニア\1,000(税込)
■公式HPアドレス
http://www.sandaifestival.jp/index.html