LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ジャン=リュック・ゴダール監督作品『さらば、愛の言葉よ【2D】上映』上映記念特集 「ゴダールの60年代、そして現在」

2/28(土)〜3/13(金)『さらば、愛の言葉よ【2D】』+『ゴダール旧作3本』横浜シネマリンにて

『勝手にしやがれ』(59)の長編デビュー後間もない1960年代、ヌーヴェルヴァーグ時代から政治の時代に移り変わろうとするこの時期、ゴダールは映画との無垢な戯れから離れ、想像に観察という手法を加え、人々の実生活のすがたを切り取り、街の群像を描き、テーマを社会へと紐づけてゆく。
いよいよゴダールは、人生とひとつとなった映画を作り始め、現実=真実を発見する冒険へと出発したのだ。そして、半世紀経った現在も変わらず、ゴダールは冒険を続けている。めぐりめぐって、かつて失った無垢を、彼はもう一度取り戻しているのかもしれない。既に。60年代ゴダール映画がスクリーンに映し出す「今」と、新作『さらば、愛の言葉よ』の現在の「今」を重ね合わせ、その共鳴音に全身をふるわせよう!
【上映場所】
横浜シネマリン(昨年12月12日にリニューアルオープン)
【住所】
横浜市中区長者町6-95
【上映期間】
2/28(土)〜3/13(金) 『さらば、愛の言葉よ【2D】』+『ゴダール旧作3本』
【イベント内容】
・ゴダール旧作特集
上映作品:『男性・女性』『彼女について私が知っている二、三の事柄』『女と男のいる舗道』
・トークショー「新旧ゴダールをめぐるフリートーク」(40〜60分程度)
(1)2/28(土)『女と男のいる舗道』18:45の回上映後 ☆足立正生さん(映画監督)×寺岡裕治さん(映画系編集者)
(2)3/7(土)『彼女について私が知っている二、三の事柄』18:45の回上映後 ☆山内マリコさん(小説家)×寺岡裕治さん(映画系編集者)
(3)3/13(金)『男性・女性』18:45の回上映後 ☆青山真治さん(映画監督)×坂本安美さん(アンスティチュ・フランセ日本映画プログラム主任。映画批評家)
■『さらば、愛の言葉よ』公式サイト
http://godard3d.com
■横浜シネマリンHP
http://cinemarine.co.jp
『さらば、愛の言葉よ』

2/28(土)〜3/13(金)  連日11:00/17:00

※横浜シネマリンでは2D上映となる。

原題:Adieu au Langage 3D/英題:Goodbye to Language 3D

2014 年/フランス映画/フランス語他/69 分/

監督・編集・脚本:ジャン=リュック・ゴダール

撮影:ファブリス・アラーニョ 『ゴダール・ソシアリスム』 (2010)

出演:エロイーズ・ゴデ、カメル・アブデリ、リシャール・シュ ヴァリエ、ゾエ・ブリュノー、 ジェシカ・エリクソン、クリスチャン・グレゴーリ、 with ロクシー・ミエヴィル(アンヌ=マリー&ゴダールの愛 犬)

配給:コムストック・グループ / 配給協力:クロックワークス

©2014 Alain Sarde - Wild Bunch

ストーリー:人妻と独身の男。ふたりは愛し合い、喧嘩し一匹の犬が町と田舎を彷徨う。言葉をめぐり季節は過ぎ去り、男と女は再び出逢う。前夫が全てを台無しにし、第二のフィルムが始まる───
解説:カンヌ国際映画祭でも話題の中心だった、83歳のヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダールが初て“3D”で長編を描いた野心作に、カンヌ国際映画祭審査員特別賞のほか、ゴダール(とそのパートナーであるアンヌ=マリー)の愛犬、ロクシー・ミエヴィルに“パルムドッグ審査員特別賞”が授与された。半世紀以上も前、スタジオ撮影が当たり前の時代に、『勝手にしやがれ』(59)でカメラを屋外に持ち出し、街の空気感をそのままスクリーンに映し出して世間を驚かせ、カメラワークや編集、演出、台詞、俳優の扱いなど多くの革命を起こしたゴダールが今、新旧の技術を斬新に組み合わせた“映画芸術”として、3Dの可能性に挑み、遊び心たっぷりに3Dという手法を変革する衝撃作!60年代から半世紀以上、既存の手法にとらわれず、常に斬新な(新しい)表現で映画界を牽引し続ける巨匠が今度は、3Dで未来の扉を開いた。「常に処女作を作る」と公言するゴダールの“新しい波(=ヌーヴェルヴァーグ)”の進化形と呼ぶべき本作は、フランスのみならずニューヨークでも大ヒットし、若い世代の熱い視線が注がれている。
『女と男のいる舗道』

2/28(土)〜3/3(火) 連日18:45〜

VIVRE SA VIE 1962年/フランス/85分/スタンダード/モノクロ/

【監督・脚本】ジャン=リュック・ゴダール

【音楽】ミシェル・ルグラン

【撮影】ラウル・クタール

【編集】アニエス・ギュモ

【出演】アンナ・カリーナ、サディ・レボ、アンドレ・S・ラバルト、ギレーヌ・シュランベルジェ、ペテ・カソヴィッツ

(c)1962.LES FILMS DE LA PLEIADE.Paris

ストーリー:ポールと別れ、女優を夢見るナナ。安月給のレコード店員では生活が持たず、つい男に誘われ、体を許した代償として金を受け取ってしまう。そのうちポン引きのラウールと出会い、彼に好意を持った彼女は完全な娼婦に仕込まれる。だが、かりそめの愛も春を売る暮らしにやがて冷えきり、彼女は無感動に日々を費やす……。全編を12の章で構成、映画館で「裁かるゝジャンヌ」を見て涙する場面、カフェで偶然隣合わせた老哲学者と語り合うくだりはエモーショナルだ。
『彼女について私が知っている二、三の事柄』

3/4(水)〜3/8(日) 連日18:45〜

DEUX OU TROIS CHOSES QUE JE SAIS D'ELLE 1967年/フランス/90分/シネスコ/カラー/35mmプリント

【監督・脚本】ジャン=リュック・ゴダール

【製作】フランソワー・トリュフォー

【撮影】ラウル・クタール

【出演】マリナ・ブラディ、ロジェ・モンソレ、ラウール・レビ

(c)1967-ARGOS FILMS-ANOUCHKA FILMS- LES FILMS DU CAROSSE-PARC FILM

ストーリー:「メイド・イン・USA」と同時に製作されたゴダール監督作品。4000世帯を収容するパリ郊外の団地で夫と子供ふたりと暮らすジュリエット。夫にとって自慢の妻だが、昼間は売春をして買い物を楽しんでいる主婦のひとりだった―。ベトナム戦争が激化し、中国では文化大革命が起きていた1966年、来るべき時代を予感し、高度資本主義化する都市を、新たな映像と音声のコラージュによって捉えた”彼女(パリ首都圏)”についてのシネマ・エッセイ。なお、小説家の村上春樹氏は、個人的に好きなゴダール作品3本の中のひとつに本作をあげている。
『男性・女性』

3/9(月)-3/13(金) 連日18:45〜

MASCULIN FÉMININ 1966年/フランス=スウェーデン/105分/スタンダード/モノクロ/35mm プリント

【監督・脚本】ジャン=リュック・ゴダール

【撮影】ウィリー・クラント

【出演】ジャン=ピエール・レオー、シャンタル・ゴヤ、 マルレール・ショベール

(c)1966-ARGOS FILMS-ANOUCHKA FILMS
ストーリー:大統領選挙間近な冬のパリ。政治に強い関心を持つポールは、カフェでマドレーヌと知り合い、夢中になる。だが彼女は歌手デビューの録音中で忙しい。そこでポールはマドレーヌと友人の家に移り住み、同居している3人でひとつのベッドに寝ながら共 同生活を送り始める…。恋とセックス、政治に夢中なパリの若者たちをルポルタージュした、巧妙ででたらめ、厳格であいまいな革命前夜の青春グラフィティ!