LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ロイ・アンダーソン監督作品『さよなら、人類』

8月、YEBISU GARDEN CINEMA 他、全国順次ロードショー!!

巨匠ロイ・アンダーソン監督(『散歩する惑星』『愛おしき隣人』) 最新作

第71回ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞(グランプリ)受賞!

構想15年、撮影4年!巨匠ロイ・アンダーソン監督の最新作にして最高傑作である『さよなら、人類』は、莫大な時間と製作費をかけて創り上げた壮大なるアナログ巨編で、『散歩する惑星』『愛おしき隣人』に続く“リビング・トリロジー”の最終章だ。巨大なスタジオにセットを組み、構図、配置、配色、美術など細部に至るまで計算し尽くされた撮影された本作は、まるでダイナミックで完璧な動く絵画のよう。
ティザービジュアルでは、面白グッズを売り歩く冴えないセールスマンコンビ・サムとヨナタンの姿を前面に打ち出し、 観る者の心を掴んで離さないロイ・アンダーソン ワールドの一端が垣間見える、愛らしく味わい深いものとなっている。さまざま人たちの哀しくも可笑しな人生を目撃していくサムとヨナタン。本作は、万華鏡のような不思議な世界へ私たちを誘ってくれる。アカデミー賞®受賞作『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を押さえ第71回ヴェネチア国際映画祭にて金獅子賞(グランプリ)を受賞した『さよなら、人類』がいよいよベールを脱ぐ!
【Story】
サムとヨナタン―面白グッズを売り歩く冴えないセールスマンコンビ。現代のドン・キホーテとサンチョ・パンサのように、さまざま人たちの人生を目撃する。ワインを開けようとして心臓発作で死ぬ夫とそれに気づかない妻、天国に持って行くために宝石の入ったバッグを手放さない臨終の床の老女、現代のバーに立ち寄るスウェーデン国王引きる18世紀の騎馬軍・・・。なにをやっても上手くいかない人たちの哀しくも可笑しな人生。万華鏡のような不思議な世界へ私たちを誘ってくれる。
ロイ・アンダーソン監督作品『さよなら、人類』
8月、YEBISU GARDEN CINEMA 他、全国順次ロードショー
■公式サイト
http://bitters.co.jp/jinrui/
『さよなら、人類』
原題:A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence

監督・脚本:ロイ・アンダーソン(『散歩する惑星』『愛おしき隣人』)

出演:ホルガー・アンダーソン、ニルス・ウェストロブロム

2014年/スウェーデン=ノルウェー=フランス=ドイツ/カラー/100分

(c)Roy Andersson Filmproduktion AB

後援:スウェーデン大使館 提供:ビターズ・エンド、スタイルジャム 配給:ビターズ・エンド