LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

フィリップ・ウィチュス/ヴァレリー・ベルトー 監督作品『聖者たちの食卓』

聖地インド“黄金寺院”の 大きな団らんを体験する極上のショートトリップ・ドキュメンタリー

2012年、第25回東京国際映画祭「natural TIFF」部門で上映され、同部門のグランプリを受賞した『聖者たちの食卓』がついに劇場公開になる(映画祭上映時タイトル「聖者からの食事」)。監督は、自らも移動式キッチンのシェフとして腕をふるうベルギーのフィリップ・ウィチュスとヴァレリー・ベルトー夫妻。黄金寺院で何世紀にも渡って続く「聖なるキッチン」のコンセプトに感銘をうけ、映画の制作を決意。訪れた人々があらゆる差別や偏見を気にせず、同じ鍋のごはんをいただく“大きな団らん”と、それを支える人々の無償の労働。その姿はファストフードやコンビニ弁当による「ひとりご飯」が当たり前となってしまった私たちに、「食」という人の営みの原点を思い出させてくれるでしょう。『聖者たちの食卓』を観れば今夜の食卓が少し変わるかもしれません。

【内容】

インドのシク教総本山にあたるハリマンディル・サーヒブ<黄金寺院>では、毎日 5~10 万食が巡礼者や旅行者のために、すべて無料で提供されている。そこは宗教も人種も階級も職業も関係なく、みなが公平にお腹を満たすこと ができる「聖なる場所」だ。想像すらつかない沢山の食事は、毎日どのように用意されているのだろうか? スクリー ンに映し出されるのは、驚くべきキッチンの舞台裏と、それに関わる人々の一切無駄のない神々しい手さばき。もちろん、近代的な調理器具は使わず、全てが手仕事で行われている。インド黄金寺院に古くから伝わる食卓の風景に、心解きほぐされる極上のショートトリップ・ドキュメンタリー。

10 万人の食卓 “ランガル(=無料食堂)”のルール


◇寺院に入る前は、手を洗い、靴を預け、足を清める
◇宗教、階級はもちろん、女性、男性、子どもがすべて一緒に座る
◇ターバンまたは、タオルを着用(レンタル有)
◇残さず全部食べること、お代わりは自由
◇使った食器は指定の場所へ戻す
◇酒、たばこ、革製品の持ち込みは禁止
◇一度の食事を 5,000 人でとるので、譲りあいを忘れない
フィリップ・ウィチュス/ヴァレリー・ベルトー監督作品『聖者たちの食卓』
2014年9月27日(土)より、渋谷アップリンク、新宿K’s cinemaモーニングほか全国順次公開
■公式サイト
http://uplink.co.jp/seijya/
『聖者たちの食卓』
監督:フィリップ・ウィチュス、ヴァレリー・ベルトー
(2011 年/ベルギー/65 分/Color/16:9/原題/Himself He Cooks)
  • 『定者如文(じょうしゃ・ゆきぶみ)』
    兵庫県神戸市出身。映画少年だった幼少期、バイクに溺れた10代、旅行に彷徨った20代前半を経て26歳で大阪芸術大学映像学科に入学、30歳で卒業・上京し東京藝術大学映像研究科第一期生として過ごし31歳で映像業界へと進む。その後映像業界で数々の現場をこなし東京で過ごした10年のキャリアの集大成として本年度の文化庁新進芸術家海外研修制度を利用してアメリカへと渡る予定。