LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品『世紀の光』

2016年1月9日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

“微笑み”と“驚き”。前半・後半でエピソードが反復されるユニークな構成の<幻の傑作>!

ファンの間で特に人気が高いにも関わらず、これまで日本での上映が難しかった2006年の未公開作がついに公開!
初長編『真昼の不思議な物体』が2001年山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀賞を獲得したのを皮切りに、『ブリスフリー・ユアーズ』(02)がカンヌ国際映画祭ある視点賞、『トロピカル・マラディ』(04)は同審査員賞、そして『ブンミおじさんの森』(10)で、ついにカンヌのパルムドールに輝き、トップクラスの映画作家として注目を集めると同時に、美術作家としても「ヨコハマトリエンナーレ」(11)への参加やヒューゴ・ボス賞ノミネートなど世界的に活躍しているアピチャッポン・ウィーラセタクン。
映画は2つのパートに分かれ、前半は地方の緑豊かな病院、後半は近代的な白い病院が舞台。登場人物の多くも重なり、医師の恋の芽生えなどのエピソードは2つのパートで反復され、奇妙な感覚に誘われる。自然の光と人工の光。過去の記憶と未来への慄き。変わりゆく人間と変わらない人間。また、闇に聞こえる虫や動物の声、空調ダクトの響き、懐かしいメロディ、開放的なポップ・ミュージックなど、音が感覚に働きかける悦びも大きな魅力になっている。
2016年は、今作公開に加え、あわせて旧作長編とアートプログラムを集めた特集上映も同時開催、そして、3月には最新作『光りの墓』が公開となる。さらにアートの分野でも、福岡、青森、横浜での展覧会やワークショップ、「さいたまトリエンナーレ2016」への参加、さらには、東京都写真美術館での個展も予定されている!
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品『世紀の光』
2016年1月9日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
■公式サイト
http://www.moviola.jp/api2016
『世紀の光』
製作・監督・脚本:アピチャッポン・ウィーラセタクン

原題: แสงศตวรรษ(世紀の光)|英語題:SYNDROMES AND A CENTURY

2006年|タイ、フランス、オーストリア|105分|DCP

字幕:寺尾次郎/字幕協力:吉岡憲彦

配給:ムヴィオラ

© 2006, Kick the Machine Films Co Ltd (Bangkok)
ストーリー:前半は地方の緑豊かな病院、後半は近代的な白い病院が舞台。登場人物の多くも重なり、医師の恋の芽生えなどのエピソードは2つのパートで反復され、奇妙な感覚に誘われる。自然の光と人工の光。過去の記憶と未来への慄き。変わりゆく人間と変わらない人間。