LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

田中佑和監督作品『青春群青色の夏』

2015 年9 月5 日(土)テアトル新宿にて1 週間限定レイトショー!

ゼロ年代の東京を生きた僕らのための青春群像劇

舞台は東京都世田谷。初恋、失恋、家出、進路、援助交際等のキーワードが散文詩的に散りばめられ、どこか懐かしさとゼロ年代特有の鋭さが混じり合う。監督自身の実体験をもとに15年の時を経て書き上げられた。2015年、かつてモラトリアムを過ごしていた大人たちに送る物語が誕生した。根拠のない中途半端な衝動だけで高校三年最後の夏を駆け抜ける《少年たち》とそれを陰ながらあたたかく見守る《大人たち》。柔らかでポップな色彩と透明感あふれる映像が印象に残る。
メガホンをとるのは園子温を師事する田中佑和。数多くの現場を経て今作が初長編監督作品となる。撮影は日本映画学校(現日本映画大学) 時代の監督の同期の福田陽平(鈴木光司原作映画「アイズ」監督)。高校生のメインキャスト陣は全員無名の俳優、大人役には個性派俳優が脇を固める。また「くそガキの告白」監督の鈴木太一、「デメキング」監督の寺内康太郎、「ある優しき殺人者の記録」監督の白石晃士など、監督と親交のある今をときめく映画監督が出演を果たし、ユニークな演技を披露した。これから注目すべき個性と映画愛が集結した!
【Story】
夏休み、家出をした小学校時代の同級生 夏木真太郎は耕介の親が田舎に帰省しているのをいいことに耕介の部屋に転がり込んでくる。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない二人。やがて部屋には真太郎の高校仲間のゴロー、ヒロト、ゴローの彼女なども住みつくようになり、穏やかなはずの耕介の高校生活最後の夏休みはかき乱されていくのだった。
田中佑和監督作品『青春群青色の夏』
2015 年9 月5 日(土)テアトル新宿にて1 週間限定レイトショー
■公式サイト
http://www.seishungunjyou.com
■公式Facebook
https://www.facebook.com/seishungunjyou
■公式Twitter
https://twitter.com/seishungunjyou
『青春群青色の夏』
出演:金田侑生、遠藤耕介、生沼勇、上川雄介、中村唯、山田篤史、湯原彩香、睡蓮みどり、高崎二郎、 屋根三郎、川連廣明、鈴木太一(『くそガキの告白』監督)、寺内康太郎(『デメキング』監督)、白石晃士(『ある優しき殺人者の記録』監督)

監督・脚本 : 田中佑和

撮影監督:福田陽平|音楽:34423|プロデューサー:村上忍|ラインプロデューサー:中川究矢

照明:上村奈帆|録音:録音:宋晋瑞/ 田辺正晴|整音:國分玲|編集:宮崎歩|美術:田中佑佳

スタイリスト:鈴木里菜|ヘアメイク:杉山瀬梨|劇中歌:木村昇祐/ 濱端誠/Sure A

制作:青春群青色の委員会 /(株)small river

特別協力:エビス大黒舎/ 配給・宣伝:(株)small river

2015 年/ 日本/ カラー/ DCP/16:9/115 分

@2015 SMALL RIVER