LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

若木信吾監督作品『白河夜船』

4月25日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開!

どれくらい眠ったら あなたと同じものが見えるんでしょう。

よしもとばなな初期の傑作小説、26年の時を経て初の映画化!“眠り”をテーマに、淋しさを抱えて生きる人々を静かに描きだす『白河夜船』は、いまもファンの間で根強い人気を持つ、よしもとばなな初期の傑作小説。
ヒロイン寺子役を演じるのは、今もっとも注目される女優、安藤サクラ。『愛のむきだし』(08)『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(10)『かぞくのくに』(12)で数々の女優賞に輝き、2014年には主演作『0.5ミリ』(安藤桃子監督)や『百円の恋』(武正晴監督)で、ブルーリボン賞主演女優賞、日本アカデミー賞優秀主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞、キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を軒並み受賞。大きな話題を呼んでいる。
寺子の恋人・岩永役には、『かぞくのくに』で安藤サクラとの共演が話題となった井浦新。2人の再タッグに注目が集まる。
寺子の親友しおりには『海炭市叙景』の谷村美月、漫画家内田春菊の次女・紅甘が岩永の妻の幻影(分身)でもある少女を演じるほか、「2011 メンズノンノ専属モデルオーディション」でグランプリを受賞、現在も同誌にて専属モデルとして活躍中の髙橋義明が、しおりの元彼役で映画デビューを果たしている。
監督および撮影は気鋭の写真家として知られる若木信吾。99年に発表した写真集『Takuji』の被写体であり、2004年に他界した祖父をモデルにした家族映画『星影のワルツ』(07)で映画監督デビュー。2009年には台湾に古くから住む原住民の若者で結成されたトーテムというバンドを追ったドキュメンタリー作品『トーテムSong for home』を発表、国内外から高い評価を得る。本作は第3回監督作品で、原作の映画化は初の試みとなる。
【Story】
植物状態の妻を持つ恋人・岩永との不毛な不倫関係を続ける寺子。そんななか、男たちに添い寝をしてあげる“添い寝屋”をしていた最愛の親友しおりが死んだ。親友の死の衝撃と、不倫による不安と淋しさが身にせまり、寺子の眠りはどんどん深く長くなる…。
若木信吾監督作品『白河夜船』
4月25日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開
■公式サイト
http://shirakawayofune.com/
■公式Facebook
https://www.facebook.com/shirakawayofune
■公式Twitter
https://twitter.com/shirakawa4fune
『白河夜船』
◆原作 よしもとばなな 「白河夜船」(新潮文庫刊)

◆監督・撮影 若木信吾 ◆脚本 若木信吾 鈴本 櫂 ◆製作 重村博文 畠中鈴子

◆出演 安藤サクラ 谷村美月 髙橋義明 紅甘 伊沢磨紀 竹厚綾 井浦新

【2015年/日本/カラー/91分/16:9/HD 】

◆制作 株式会社ユマニテ◆制作協力 スローラーナー ◆配給:コピアポア・フィルム

© 2015よしもとばなな/『白河夜船』製作委員会