LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

アレクサンドル・コット監督作品『草原の実験』

9月、シアター・イメージフォーラム ほか全国順次ロードショー

風吹く緑の草原に暮らす少女の淡い恋

そのささやかな幸せに暗い影がさす

計算し尽くされた構図と鮮烈なビジュアルセンスで草原に暮らす少女と2人の男子の淡い三角関係を描いた『草原の実験』の公開が決定。監督は、前作『ブレスト要塞大攻防戦』で高い評価を受けたロシアの新鋭アレクサンドル・コット。時代と場所は特定せずに描かれる本作は、台詞が一切ないにもかかわらず、一瞬たりとも見逃す隙を与えない。また、衝撃のラストは旧ソ連のカザフスタンで起きた実際の出来事に着想を得て作り上げたとのこと。昨年の東京国際映画祭では最優秀芸術貢献賞を受賞。

【Story】

その少女は、大草原にポツンと立つ小さな家で父親と暮らしていた。家の前には家族を見守る一本の樹。毎朝、どこかへと働きにでかける父親を見送ってはその帰りを待つ。繰り返される穏やかな生活に、少女はささやかな幸せを感じていた。地元の少年が少女に想いを寄せる。どこからかやってきた金髪の少年もまた、美しい彼女に恋をする。3人のほのかな三角関係。そんな静かな日々に突如、暗い影がさしてくる…。
アレクサンドル・コット監督作品『草原の実験』
9月、シアター・イメージフォーラム ほか全国順次ロードショー
『草原の実験』

(2014年/ロシア/96分/カラー/シネスコ/原題:ISPYTANIE/©Igor Tolstunov’s Film Production Company)

監督/脚本:アレクサンドル・コット

製作:イーゴリ・トルスツノフ

出演:エレーナ・アン、ダニーラ・ラッソマーヒン、カリーム・パカチャコーフ、ナリンマン・ベクブラートフーアレシェフ