LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

アレックス・デ・ラ・イグレシア監督作品『スガラムルディの魔女』

子連れ強盗と人喰い魔女が繰り広げる

大脱出ジェットコースタームービー!!

パブロ・ピカソ、サルバドール・ダリといった不世出のアーティストを輩出してきたスペインは、言わずと知れた芸術と情熱の国。映画史上においてもルイス・ブニュエル、ペドロ・アルモドバルらの希代の才能を生み出してきたこの国は、世界的に見ても極めてユニークな映画の産地として名高い。そんなスペイン映画界で今、偉大なる先達たちの濃厚なラテンの血を受け継ぐかのように、驚異的な傑作&怪作を連打している型破りなフィルムメーカーがいる。その名もアレックス・デ・ラ・イグレシア。俗に言う“天才と狂気は紙一重”なる表現が、これほどふさわしい監督にはそうそうお目にかかれるものではない。

これまでのイグレシア作品は、特集上映やDVDリリースを含めるとほとんどが日本に輸入されてきたが、いずれもひっそりと紹介されたため、一部のファンの熱狂的な支持を獲得するにとどまってきた。そして、このたびゴヤ賞8部門を独占した『スガラムルディの魔女』(13)と奇想天外なブラック・コメディ『刺さった男』(12)の連続公開が決定。

はちゃめちゃなクライム・アクションとして幕を開けるイグレシアの最新作『スガラムルディの魔女』は、あらゆる観客を行き先不明のジェットコースターに乗せ、ノンストップで疾走するエンターテインメント快作だ。

伝説の魔女の村に足を踏み入れてしまったダメ男たちの生きるか死ぬかの脱出サバイバルを描く本作は、イグレシアの全作品に共通する異常なテンションの高さに全編が貫かれ、まさに究極のラテン系マジカル・アトラクション・ムービーとなった。妖婆やセクシー美女の姿を借りた魔女たちの大暴走が、スラップスティックなギャグとスリル満載で展開するにとどまらず、クライマックスにはまさかの巨大クリーチャーが出現し、一瞬たりとも目が離せない。おまけに女難に悩む“崖っぷちの男”ホセを翻弄する魔女たちの物語を男性中心の社会を痛烈に皮肉った女性賛歌として描いている点にも、イグレシアの懐の深さがうかがえる。

アレックス・デ・ラ・イグレシアとは孤高の天才か、それとも狂気の破壊者か。あなた自身の目で、しかと見極めてほしい。

【スガラムルディとは・・・】

スガラムルディは、スペインのバスク地方、フランスとの国境のすぐ近くにある人口200人ほどの小さな村である。実際に魔女伝説が伝えられる土地で、アケラレと呼ばれる魔女集会が行われていたとされる洞窟や、魔女博物館がある。ホセたちはフランスへ向け逃亡している最中にこのスガラムルディの村に迷い込んでしまう・・・
【Story】

主人公は職を失い、妻に逃げられてブチ切れ、同じような境遇の仲間をかき集めて白昼堂々と強盗計画を実行した三十男ホセ。幼いひとり息子とともにタクシーに飛び乗って逃走した彼が、パトカーの追跡を交わしてたどり着いたのは何と食欲旺盛な魔女たちが巣食う村! 母子3世代の魔女にまんまと捕らえられたホセたちは、人類の命運をも左右する邪悪な儀式の生け贄にされるのだった……。

アレックス・デ・ラ・イグレシア監督作品『スガラムルディの魔女』
11月22日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
■公式サイト
http://www.shochiku.co.jp/iglesia/
『スガラムルディの魔女』
監督・脚本:アレックス・デ・ラ・イグレシア

出演:ウーゴ・シルバ『ロスト・ボディ』『アイム・ソー・エキサイテッド!』、マリオ・カサス『灼熱の肌』、カロリーナ・バング『気狂いピエロの決闘』、テレール・パベス、カルロス・アレセス『アイム・ソー・エキサイテッド!』、カルメン・マウラ『ボルベール〈帰郷〉』

撮影:キコ・デ・ラ・リカ 衣装:パコ・デルガド 編集:パブロ・ブランコ

2013 年/スペイン/原題:LAS BRUJASDE ZUGARRAMURDI/スペイン語/カラー/114 分/R-15

© 2013 ENRIQUE CEREZO P.C., S.A.– LA FERME PRODUCTIONS–ARTE FRANC ECINEMA