LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

チェン・ユーシュン監督作品『祝宴!シェフ』

台湾映画界のヒットメーカー16 年ぶりの待望の新作公開決定!

『熱帯魚』(95)『ラブゴーゴー』(97)で世界に衝撃を放った台湾映画界のヒットメーカー/チェン・ユーシュン監督が16年ぶりに新作長編映画『祝宴!シェフ』を発表する。内容は今人気沸騰中の美食の街・台南を舞台に「人々を幸せにする究極の料理」を巡って、個性的で愛すべき登場人物たちが繰り広げる大喜劇だ。見た目も美しく、食べたくなること必至の絶品料理の数々が映画を鮮やかに彩る、心もお腹も大満腹の“おもてなし”エンターテインメント!11月1日より公開。

【Story】

20 年以上前の台湾では、お祝いごとには屋外で宴席が設けられ、そこで腕を振るう、総舗師 ツォンポーサイと呼ばれるおもてなしの心を極めた宴席料理人がいた―その中でも、“神”と称された伝説の料理人を父に持つシャオワンは、料理を嫌い、モデルを夢見て家を飛び出していたが、父の死をきっかけに帰省。そこで父がレシピノートに残した“料理に込めた想い “に心を動かされたシャオワンは、時代の趨勢で衰退の一途をたどっている宴席料理の返り咲きをかけ、全国宴席料理大会への出場を決意する。しかし料理は初心者。果たして、シャオワンは父の想いを引き継ぎ、人々のお腹も心も幸 福で満たす“究極の料理”に辿りつくことができるのか?
チェン・ユーシュン監督作品『祝宴!シェフ』
11/1(土)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー決定!
『祝宴!シェフ』
監督/脚本:チェン・ユーシュン(陳玉勳)
出演:リン・メイシウ(林美秀)、トニー・ヤン(楊祐寧)、キミ・シア(夏于喬)
2013年/台湾/145分/中国語、台湾語/カラー/スコープ/DCP5.1ch