LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

特集上映「台湾巨匠傑作選2016 世界の映画作家に影響を与え続ける台湾ニューシネマの世界」

4月30日(土)〜 6月10日(土)まで新宿K’s cinemaにて開催

台湾ニューシネマ代表作を彩る23作品が一挙公開

特集上映「台湾巨匠傑作選2016 世界の映画作家に影響を与え続ける台湾ニューシネマの世界」が、4月30日から東京・新宿のK's cinemaで開催される。
1980年代初頭に起こった台湾の民主化の波によって生まれた若き映画青年、エドワード・ヤンやホウ・シャオシェンを筆頭に台湾ニューシネマが誕生。世界の映画祭を賑わす映画作家が続々と生まれた。同イベントは台湾ニューシネマ誕生30周年を記念したドキュメンタリー『台湾新電影(ニューシネマ)時代』の公開に際して台湾ニューシネマの代表作とその後の台湾映画23作品の大回顧上映が行われる。
上映作品は、『悲情城市』『珈琲時光』『黒衣の刺客』などホウ・シャオシェン監督作7本、『恐怖分子』『ヤンヤン 夏の想い出』などエドワード・ヤン監督作3本、『愛情萬歳』を含むツァイ・ミンリャン監督作4本に加え、アン・リーの監督作や、永瀬正敏の主演映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』、是枝裕和監督によるホウ・シャオシェンとエドワード・ヤンのドキュメンタリー『映画が時代を写す時 ― 侯孝賢とエドワード・ヤン』など豪華作品がラインナップ。
また、ドキュメンタリー『台湾新電影(ニューシネマ)時代』では台湾ニューシネマの代表的監督でもあるホウ・シャオシェン(侯孝賢)を始め、タイ、フランス、アメリカ、中国大陸、香港の映画監督や芸術家など計50人以上のインタビューのもと、当時の作品とその影響力が語られる。
特集上映「台湾巨匠傑作選2016 世界の映画作家に影響を与え続ける台湾ニューシネマの世界」
4月30日(土)~6月10日(土)まで新宿K’s cinemaにて開催
◼︎上映作品:

シエ・チンリン監督作品『台湾新電影時代』

ホウ・シャオシェン監督作品『坊やの人形』

ホウ・シャオシェン監督作品『風櫃の少年』

ホウ・シャオシェン監督作品『童年往事 時の流れ』

ホウ・シャオシェン監督作品『悲情城市』

ホウ・シャオシェン監督作品『憂鬱な楽園』

ホウ・シャオシェン監督作品『珈琲時光』

ホウ・シャオシェン監督作品『黒衣の刺客』

エドワード・ヤン監督作品『光陰的故事』

エドワード・ヤン監督作品『恐怖分子』

エドワード・ヤン監督作品『ヤンヤン 夏の想い出』

ツァイ・ミンリャン監督作品『青春神話』

ツァイ・ミンリャン監督作品『愛情萬歳』

ツァイ・ミンリャン監督作品『河』

ツァイ・ミンリャン監督作品『郊遊<ピクニック>』

アン・リー監督作品『推手』

アン・リー監督作品『ウェディング・バンケット』

アン・リー監督作品『恋人たちの食卓』

ウェイ・ダーション監督作品『海角七号/君想う、国境の南』

ウェイ・ダーション監督作品『セデック・バレ<第一部・太陽旗 第二部・虹の橋>』

タン・シャンジュー監督作品『セデック・バレの真実』

マー・ジーシアン監督作品『KANO~1931海の向こうの甲子園~』

是枝裕和監督作品『映画が時代を写す時 ― 侯孝賢とエドワード・ヤン』

◼︎公式サイト
http://www.ks-cinema.com/movie/taiwan2016/
◼︎上映館
K's cinema(住所:東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F)
http://www.ks-cinema.com/
『台湾新電影(ニューシネマ)時代』

(原題:台灣新電影/2014年/台湾/109分)

監督:シエ・チンリン(謝慶鈴)

出演者:ホウ・シャオシェン(侯孝賢)、ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)、ジャ・ジャンク―(賈樟柯)、是枝裕和、黒沢清、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ワン・ビン(王兵)、ティエン・チュアンチュアン(田壮壮)、ジャ・ジャンク―、オリヴィア・アサイヤス 他

ストーリー:ホウ・シャオシェン監督「悲情城市」がヴェネチア国際映画祭でグランプリ(金獅子賞)を受賞し、1980年代、台湾映画界に新しい潮流をもたらし、世界の映画史にその名を刻んだ「台湾ニューシネマ」。その足跡と後世に与えた影響を、世界の名だたる映画人たちのインタビューを通して浮き彫りにする最新ドキュメンタリー。台湾ニューシネマの代表的監督でもあるホウ・シャオシェン(侯孝賢)を始め、タイ、フランス、アメリカ、中国大陸、香港の映画監督や芸術家など計50人以上にインタビューを行い、映画運動の意義などを探求している。ホウ・シャオシェン「風櫃の少年」「童年往事」、エドワード・ヤン「牯嶺街少年殺人事件」「恐怖分子」等々の名作、台湾ニューシネマの先駆けワン・トン(王童)監督作品等、数多くの優れた映像が作品を彩る。世界の映画人に加え、俳優の浅野忠信や映画監督の是枝裕和、黒沢清、評論家の佐藤忠男なども登場し、当時の作品とその影響力について語る。