LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

矢崎仁司監督作品『太陽の坐る場所』

あなたさえいなければ、わたしがキョウコだった- 直木賞作家、辻村深月の傑作ミステリーを矢崎仁司監督が映画化!

「鍵のない夢を見る」で第147回直木賞を受賞し、2012年に公開された映画『ツナグ』のヒットも記憶に新しい作家・辻村深月の同名小説『太陽の坐る場所』を映画化。新作を出す度に、ファンの期待を大きく上回る作品を発表し、20代の女性を中心に幅広い世代の読者から支持を受けている辻村。『ストロベリーショートケイクス』、『スイートリトルライズ』など、独特の世界観を表現し、国内外で高い評価を受けている矢崎仁司監督が原作に惚れ込み、映画化を熱望。女性の内面を細やかに演出する手腕には定評があり、本作でも、誰もが一度は経験したことのある、思春期の「あの頃」と、10年後、成長して葛藤を抱えた彼女たちの生き様を痛々しくもリアルに描き、眩しいくらいに輝いていた青春の光と、純粋さの裏に隠されていた残酷な影を映し出している。 矢崎監督曰く、「選ばれたのではなく出会った」と語る彼らの瑞々しい演技にも要注目。
【Story】

学校中の人気を集め、クラスの女王として君臨していた響子。自分の立場も、好きな人も、友達すらも、欲しいものは何でも手に入ると信じていた完璧な高校時代。彼女の傍には、いつも、同じ名前を持つ同級生の今日子がいた。光り輝く太陽と、その光に付き従う影のように。 高校卒業から10年。過去の輝きを失い、地元で地方局のアナウンサーとして満たされない毎日を過ごす響子と、彼女とは対照的に、東京に出て、誰もが憧れる人気女優として活躍している今日子。そんな2人の元に、クラス会の知らせが届く。これまでにも、度々開かれてきたクラス会で話題にあがるのは、女王、・響子ではなく、女優となった今日子のこと。かつての光と影が入れ替わり、卒業以来、言葉を交わすことすらなかった2人がそこで再会を果たす…2人が向き合い、初めて語られる10年前の真実とは?
矢崎仁司監督作品『太陽の坐る場所』
10月4日(土)より全国ロードショー、 9月27日(土)より山梨にて先行ロードショー
■公式サイト
http://taiyo-movie.jp/top.html
『太陽の坐る場所』
監督:矢崎仁司
原作:辻村深月著『太陽の坐る場所』(文春文庫刊)
出演:水川あさみ/木村文乃/三浦貴大/森カンナ/鶴見辰吾/古泉葵/吉田まどか/大石悠馬/山谷花純
2014年/日本/カラー/ビスタ/102分/DCP/山梨放送開局60周年記念作品
©2014「太陽の坐る場所」製作委員会
配給:ファントム・フィルム