LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

杉本信昭監督 「谷川さん、詩をひとつ 作ってください。」

自分の言葉で生きようとする人々… 漁民、巫女、農民、日雇労働者、女子高生
同じ国の同じ時代を生きる それぞれの暮らし それぞれの言葉に 詩は 向き合えるか

「谷川さん、詩をひとつ作ってください。」は、詩人谷川俊太郎が東日本大震災について書いた詩『言葉』を入り口にして、様々な土地で暮らす人々が発するかけがえのない言葉を追い、そこに潜む喜びや悲しみから再び谷川さんの詩が生まれるまでを描いたドキュメンタリーである。今のこの国では、与えられた言葉、多数派の言葉を使っていれば楽に生きられる。自分の言葉を探すことは生き難さに繋がるのだ。しかし映画に登場する人々は、自分の言葉を自分で探し出そうともがき、ときにはそれを呑み込んで無言を貫こうとする。谷川さんもまたそれらの言葉や無言を受け止め、自分の言葉=詩を探し出そうとする。多数派の生き易さに迎合しないという意味で、人々も詩人谷川さんも同じ地平にいる。彼らの潔い生き方と孤独を恐れない覚悟を伝えること、そして彼らの真摯な日常には「自らの言葉」があると伝えることが、この映画の一番の目的である。
【内容】

詩人、谷川俊太郎。「鉄腕アトム」のアニソンで、CM のナレーションで、教科書のなかで、私たちは世代を超えて谷川さんの詩に触れてきました。みずみずしい言葉が紡ぎ出す宇宙は、不思議な力で私たちを惹きつけてきます。“詩は人々の日常と向き合えるか”。本作では、谷川さんの創作の現場から、海、畑、学校、路上、そして神降ろしの場、いろいろな場所で生きる人々を追って撮影が続いていきます。生きる土地も世代もばらばらな人々の、それぞれの苦しみと喜び。彼らは自分の言葉で、ときには谷川さんの詩でそれを伝えようとします。すると詩はさまざまな表情を見せ、被災地で、スイスで、高架下で、詩の言葉はひとり歩きを始め、そして谷川さんに戻り、やがて新しい詩が生まれます。
杉本信昭監督 「谷川さん、詩をひとつ 作ってください。」
2014年11月15日(土)より渋谷ユーロスペースにてロードショー!
■公式サイト
http://tanikawa-movie.com/
『谷川さん、詩をひとつ 作ってください。』
監督:杉本信昭
出演:谷川俊太郎
2014年/長編ドキュメンタリー/カラー/82分/日本
©2014 MONTAGE inc.