LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

三宅唱監督最新作『THE COCKPIT』公開記念イベント

菊地凛子×三宅唱 「クリエイションの悦びと憂鬱」

ユーロライブにて、5月28日(木)に開催

クリエイションの楽しさ、感じよう

5月30日(土)より渋谷ユーロスペースにてレイトショー公開となる、三宅唱監督最新作のドキュメンタリー映画『THE COCKPIT』。先日2ndソロアルバムを発売し話題を集めるOMSB(SIMI LAB)、そしてBim(THE OTOGIBANASHI’S)ら、いま注目のヒップホップアーティストたちが、小さな部屋で曲づくりをする過程をとらえた話題作の公開記念イベントが、ユーロライブにて、5月28日(木)に開催される。
当日は、三宅監督がboidマガジンで毎月発表している、iPhoneのみで撮影した映像「無言日記」の、1年分をまとめた作品『無言日記/201466』を上映後、ハリウッド大作からインディーズ映画まで幅広い作品に出演しながら、つねに新たな役を創造しつづける女優、菊地凛子を迎えたトークショーがおこなわれる運びだが、上映とトークショーを通じて、自由で親密なものづくり、クリエイションの楽しさ、醍醐味を感じる事のできる貴重な1日となりそうだ。
『THE COCKPIT』公開記念イベント「クリエイションの悦びと憂鬱」
日時
5月28日(木)19:00 開場
19:30 『無言日記/201466』(2014年/66分)上映
20:45 菊地凛子×三宅唱 トークショー(司会:武田俊)
会場
ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)
  • 『菊地凛子(きくち・りんこ)』
    1981年生まれ。新藤兼人監督映画『生きたい』(99年)で映画デビュー。2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の映画『バベル』での演技が高く評価され、アカデミー助演女優賞にノミネート。2010年公開の映画『ノルウェイの森』では直子役を演じた。その後、拠点をアメリカ/ニューヨークに移し、『パシフィック・リム』(13年)や『47RONIN』(13年)などハリウッド作品に続けて出演。近年ではイタリア映画『Last Summer』(13年)や『ノーバディ・ウォンツ・ザ・ナイト』(スペイン・フランス・ブルガリア合作/)14年)などヨーロッパでも活躍。『クミコ、ザ・トレジャーハンター』では2015年インディペンデント・スピリット賞で主演女優賞にノミネート。最新作 連続ドラマW『夢を与える』(監督:犬童一心)では芸能界デビューした娘に対して過剰な思い入れを持つ母親役を熱演。また、2014年12月、音楽家名Rinbjö名義で、菊地成孔プロデュースにより、彼主宰のレーベルTABOOよりファーストアルバム『戒厳令』を発売するなど、女優業のみならず多岐にわたり精力的な活動を展開している。
  • 『三宅唱(みやけ・しょう)』
    1984年札幌生まれ。映画監督。映画美学校フィクションコース初等科修了。初長編『やくたたず』(10)ののち、劇場公開第1作『Playback』(12)を監督。同作はロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門に正式出品され、高崎映画祭新進監督グランプリ、日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。監督最新作『THE COCKPIT』(14)は国際ドキュメンタリー映画祭シネマ・デュ・レエル新人監督部門に正式出品された。ほかに『無言日記/201466』(boidマガジンにて連載中)など。共著に『森﨑東党宣言!』(インスクリプト)。雑誌「POPEYE」にて映画評「IN THE PLACE TO C」を連載中。