LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ロレーヌ・レヴィ監督『もうひとりの息子』

母さん、僕は「敵」ですか、「息子」ですか?

何年も愛情を注いで育て来た我が子が、もし、他人の子だったとしたら。
先頃のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督の『そして父になる』と同様に、“取り替え子”のドラマを描いた本作。それも、取り違えられた家族は、イスラエルとパレスチナ。たえず世界の紛争の火種となってきた、このふたつの国の子どもが、もし取り違えられたとしたら、家族はいったいどうやってその試練を乗り越えていくのだろう。世界がいまだ解決できない困難な問題を、家族という小さな単位の身近な問題としてとらえ、いま世界に必要な希望を感じさせる感動作だ。
昨年の東京国際映画祭では、審査員の評価のみならず観客の感動も大きく、見事グランプリの栄誉に輝いた。

監督のロレーヌ・レヴィはユダヤ系フランス人で、パリで舞台演出家として活躍、本作が4本目の監督作。グランプリ受賞時に、「この賞をイスラエルとパレスチナの子供たちに捧げたい」と語っている。出演は、揺れながらも母の愛の強さを自然に溢れさせるイスラエル側の母親に、現在のフランスで最も尊敬を集める女優のひとりであるエマニュエル・ドゥヴォス、その息子を『ぼくセザール10歳半1m39cm』(03)の子役だったジュール・シトリュクが繊細に演じている。またパレスチナ側の息子を演じたベルギー出身の新進俳優マハディ・ダハビの知的な美しさも印象的だ。

以下、ストーリーを抜粋。

イスラエルに住むフランス系ユダヤ人の家族。ある日、ひとり息子が兵役用健康検査を受ける。医師である母は、その検査結果から、息子が他人の子であることを知る。出生時の病院で、パレスチナ人の赤ん坊と取り違えられていたのだ。事実を受け入れられない夫。そして両親の実子でないことに大きなショックを受ける息子。やがてその事実は相手側の家族にも伝えられ、ふたつの家族は彼らのアイデンティティを揺さぶられ、家族とは何か、愛とは何か、という問いに直面する。はたして、ふたりの息子は、最後にどんな人生を選択するのだろうか。
スケジュール詳細はこちら→  http://www.moviola.jp/son/theater.html
『もうひとりの息子』
監督・脚本:ロレーヌ・レヴィ/製作:ヴィルジニー・ラコンブ、ラファエル・ベルドゥゴ/原案:ノアム・フィトゥッシ/キャスト:エマニュエル・ドゥヴォス、パスカル・エルベ、ジュール・シトリュク、マハディ・ダハビ、アリーン・ウマリ
101分/フランス語、ヘブライ語、アラビア語、英語/カラー/2012年/フランス
http://www.moviola.jp/son/