LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

東京国際映画祭 “歌舞伎座スペシャルナイト ”! 歌舞伎俳優 ・市川染五郎が舞踊 を披露+チャップリン『街の灯』特別上映!

日本の伝統芸能発信地である「歌舞伎座」にて、歌舞伎と縁のあるチャップリンの 『街の灯』を特別上映し、 上映前に歌舞伎俳優・ 市川染五郎が舞踊「石橋 (しゃっきょう )」を 披露する。

また 舞踊終了後には 約30分の休憩を設け、観客は“東京国際映画祭特製 幕の内弁当” を食べ、その後再び市川染五郎によるトークを聞く。

今なお愛され続け、今年デビュー100周年を迎える“世界の喜劇王”チャールズ・チャップリン。 日本びいきで「歌舞伎」を愛し、 来日の際には実際に歌舞伎座を訪れており 、市川染五郎の曽祖父である七世松本幸四郎と写った写真が残されているとのこと。

またその一方でチャップリンの名作『街の灯』をアメリカで見て感銘を受けた歌舞伎関係者が帰国後、歌舞伎の世話物として「蝙蝠の安さん」いう作品を歌舞伎座で上演したという所縁がある。 (今回のイベント時演目は「蝙蝠の安さん」と別のもの)

国内外からのゲストを多数迎え、市川染五郎による舞踊、そしてチャップリンの『街の灯』を特別上映する本イベントで是非スペシャルな秋の夜を !

【市川染五郎(いちかわ・そめごろう)プロフィール】

七代目 高麗屋

1973年1月8日生まれ。九代目 松本幸四郎の長男 。79年3月歌舞伎座「俠客春雨傘」で三代目松本金太郎を名 乗り初舞台。81年10 、11月歌舞伎座「忠臣蔵」七段目の大星力弥ほかで七代目市川染五郎を襲名 。

<舞踊『石橋』解説>

文殊菩薩の霊地である 天竺清涼山にかかる石橋(しゃっきょう)に、霊獣の獅子が現れその奇瑞を見せるという伝説をもとにして、能「石橋」が作られました。歌舞伎でもこれをふまえた“石橋もの”の舞踊が数多く生まれました。今回上演する「石橋」は、獅子の 精の狂(くる) いを中心に構成された歌舞伎舞踊で、その勇壮な毛振りや いを中心に構成された歌舞伎踊で、その勇壮な毛振りや迫力ある振りが大きな見どころとなっています。また長唄と囃子連中の渾然一体とした演奏も、この作品の魅力ひとつです。 (製作・松竹)
■第 27 回東京国際映画祭プレゼンツ歌舞伎座スペシャルナイト
開催日:10/27(月)
プログラム:舞踊「石橋(しゃっきょう)」 、 『街の灯』 特別上映
チケット 発売 :10月3日(金) 10:00より電話予約、Web受付開始!
料金: ¥10,000 (税込) <特製幕の内弁当付き>
■第27回東京国際映画祭 10月23日(木)~31(金)
公式サイト  http://2014.tiff-jp.net/ja/