LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

押井守監督作品『東京無国籍少女』

2015年7月25日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

ラスト15分 この結末は誰も予想できない

女子校を舞台に少女の憂鬱と目覚め、戦いを描いた押井守監督の最新実写映画『東京無国籍少女』がまもなく公開となる。「そろそろ自分自身で設けてきた枠を外そうと考えていた」と押井監督が語る通り、今作ではこれまで避けてきた凄惨な暴力や性的な描写を解禁。特に、最低限のCGIで役者の身体表現を最大限に活かした圧巻のクライマックスは、過去の実写作品とは一線を画すものとなっている。主演は園子温監督作品『TOKYO TRIBE』で圧倒的なパフォーマンスを見せつけた清野菜名。キャスティングにおいてはそのポテンシャルを確信した監督自らが指名。また、本作が清野菜名にとって初の単独主演作となる。「アニメの専売特許を実写でも可能だと信じて制作した」と語る、押井守の新たな「挑戦」とは? そして、“誰もが予想できない衝撃のラスト15分”とはいかに?  

【Story】

とある女子美術高等専門学校。日々、創作活動に取り組む生徒たち。その中に、かつて天才と持て囃された藍が居た。彼女は事故で怪我を負った影響で心に傷を抱えてしまい、今では眠ることも出来ず、授業もドロップアウトしてただ一人、謎のオブジェを作り続けていた。そんな藍を広告塔として利用するため全てを黙認し、決して学園の外に出そうとしない教頭。特別扱いされる藍を苦々しく思う担任教師と、嫉妬を募らせる同級生たち。降りかかる執拗なイジメと嫌がらせの中、唯一、彼女の身を案じる保険医にも心を開かない藍。やがて、心休まらない憂鬱な日々は、藍の中で目覚めた「なにか」によって崩れ始める…。群発する地震。響く大量の鳥の羽音。学園内に流れ続けるクラシック音楽。そして繰り返される謎の声…。「お前はなぜ、ここにいる?」
押井守監督作品『東京無国籍少女』
2015年7月25日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
■公式サイト
mukokuseki-movie.com
『東京無国籍少女』

(85分/(C)2015東映ビデオ)

監督:押井守 

出演:清野菜名、金子ノブアキ、田中日奈子、吉永アユリ、花影香音、りりィ、本田博太郎 他