LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

TOHOシネマズ学生映画祭

2013年3月17日(日)、お台場シネマメディアージュにて、学生による、学生のための映画祭、第7回TOHOシネマズ学生映画祭が開催【入場無料】

「学生による、学生のための映画祭」というコンセプトのもと、2007年より続くTOHOシネマズ学生映画祭。作品の制作はもちろん(海外含め全国各地から毎年200作品以上が集まる)、映画祭の企画・運営・宣伝、ポスターやロゴなどの制作、それら全てを学生が主体となりおこなっている。

第7回TOHOシネマズ学生映画祭 上映作品(五十音順)

映画監督の育成を含め、映画業界の活性化を意義とする同映画祭、過去の受賞者の監督作品がカンヌ国際映画祭・短編コンペティション部門にノミネートされるなど、映画祭出身の学生監督・実行委員学生のその後の活躍も徐々に目立ってきているようだ。

7回目となる今回は「つながる」をテーマに3月17日(日)お台場シネマメディアージュにて開催、入場は無料。下記、上映作品のラインナップ、 それぞれの部門ごとにグランプリ・準グランプリを選出、特別賞として、全部門の中から1作品に「ROBOT賞」が授与される。 春の訪れに心躍らせつつ、学生の活気あふれるお台場で休日を過ごしてみるのは如何だろうか。

第7回TOHOシネマズ学生映画祭

上映作品(五十音順)

他、7回目となる今回は特別上映として、本年度 アカデミー賞 短編アニメーション賞 受賞作品である『紙ひこうき』(原題:「paperman」)の上映が決定している。

ショートフィルム部門 全6作品
『あるタヒ』田中穂先 監督(慶應義塾大学)
『母さん、引きこもりはじめました』中島聖斗 監督(東海大学)
『くまのマイケル』吉田はるか 監督(ニューシネマワークショップ)
『仁義なき披露宴』安本一優 監督(青山学院大学 JAMKIT film partners)
『水洗戦隊ナガスンジャーのとある休日』浜田壮瑛 監督(慶應義塾大学 学生映画製作団体ROYALS)
『ふたりいろ』塚本倫之 監督(日活芸術学院)
ショートアニメーション部門 全5作品
『あきちあそび』大城良輔 監督(東京藝術大学大学院)
『いと恋し』たいらはじめ 監督(早稲田大学川口芸術学校)
『格闘!!』森田千誉 監督(武蔵野美術大学)
『月を駆ける』金子怜史 監督(武蔵野美術大学 スタジオキャメル)
『Paper and Friends』石川達哉 監督(筑波大学)
シネアド部門 全6作品
『「映画館で」観よう。』庄司玲音 監督(多摩美術大学 映像演劇制作集団 星組)
『映画は、心をつなぐ。』河本翼 監督(早稲田大学)
『SIZE』宮崎平 監督(東京フィルムセンター映画・俳優専門学校)
『涙』古瀬裕晃 監督(東洋大学)
『走れメロス』島田大地 監督(青山学院大学)
『二人ぼっち。』金子昌宏 監督(慶應義塾大学 FLICKS)
再生可能エネルギー部門 全2作品
『さかい』岡田恭平 監督(東京工芸大学 映画研究会)
『RELAY』小向英孝(加藤慶吾)監督(早稲田大学 放送研究会)
  • 『TOHOシネマズ学生映画祭』
    「学生による、学生のための映画祭」というコンセプトのもと、2007年より続く映画祭。映画監督の育成を含め、映画業界の活性化を意義とし、作品の制作はもちろん(海外含め全国各地から毎年200作品以上が集まる)、映画祭の企画・運営・宣伝、ポスターやロゴなどの制作、それら全てを学生が主体となりおこなっている。 過去の受賞者の監督作品がカンヌ国際映画祭・短編コンペティション部門にノミネートされるなど、映画祭出身の学生監督・実行委員学生のその後の活躍も徐々に目立ってきている。