LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

染谷将太、渋川清彦、石田法嗣主演、濱口竜介監督最新作『不気味なものの肌に触れる』

千尋(染谷将太)は父を亡くして、腹違いの兄・斗吾(渋川清彦)が彼を引き取る。斗吾と彼の恋人・里美(瀬戸夏実)は千尋を暖かく迎えるが、千尋の孤独は消せない。千尋が夢中になるのは、同い年の直也(石田法嗣)とのダンスだ。しかし、無心に踊る彼らの街ではやがて不穏なできごとが起こりはじめる…。

2013年9月4日(月)LOAD SHOWにて世界へ向けダウンロード販売開始!

「お前の背骨、変だぞ」「なんか進化から取り残されてるみたいだ」

印象的なフレーズからはじまる予告編は、YouTube掲載後ほどなくして再生回数が1万回を突破。高まる期待の中、2013.6.29〜7.19の期間開催された関西地区での特集上映「濱口竜介 プロスペクティヴ in Kansai」にて初公開、わずか5回(内1回は追加オールナイトでの上映)の上映ながら大きな話題となった。主演は濱口竜介とは初タッグとなる染谷将太、『PASSION』以来5年振りの渋川清彦、『THE DEPTHS』以来3年振りの石田法嗣。更には、村上淳、河井青葉、瀬戸夏実といった豪華俳優陣が脇を固めている。構想段階にある長編『FLOODS』に向けての壮大なる予告編、というにはあまりにも才気と魅力に満ちた傑作中編となった本作を、映画配信サイトLOAD SHOWでは2013年9月4日、英語サイトのオープンとともに世界へ向けダウンロード販売を開始する。国内ではクレジットカード決済ほか多様な決済方法での購入が可能であり、海外においてもPayPal決済で字幕付き動画を購入できる。また、本作は招待作品として「第35回PFFぴあフィルムフェスティバル」(9月16日(月・祝)21:15〜シネクイントにて上映)、「第17回水戸短編映画祭」(9月22日(日)13:00〜水戸芸術館ACM劇場にて上映)での上映が決定しており、PFFぴあフィルムフェスティバルでは濱口監督とLOAD SHOWディレクター岡本英之が登壇し、配信をテーマにトークをおこなう予定となっている。ロケ地ともなった水戸で開催される水戸短編映像祭では豪華ゲストの来場を予定しており、舞台挨拶、イベント等、今後の情報から目が離せない。

LOAD SHOW メインサイト

http://loadshow.jp/

第35回PFFぴあフィルムフェスティバル 公式ウェブサイト

http://pff.jp/35th/

第17回水戸短編映像祭 公式ウェブサイト

http://www.mitotanpen.jp/
『不気味なものの肌に触れる』
千尋(染谷将太)は父を亡くして、腹違いの兄・斗吾(渋川清彦)が彼を引き取る。斗吾と彼の恋人・里美(瀬戸夏実)は千尋を暖かく迎えるが、千尋の孤独は消せない。千尋が夢中になるのは、同い年の直也(石田法嗣)とのダンスだ。しかし、無心に踊る彼らの街ではやがて不穏なできごとが起こりはじめる…。
2013年/54分/HD/16:9/出演:染谷将太、渋川清彦、石田法嗣、瀬戸夏実、村上淳、河井青葉、水越朝弓 ほか/製作:LOAD SHOW, fictive/プロデューサー:北原豪、岡本英之、濱口竜介/監督:濱口竜介/脚本:高橋知由/撮影:佐々木靖之/音響:黄永昌/音楽:長嶌寛幸/助監督:野原位/制作:城内政芳/振付:砂連尾理
予告編:www.youtube.com/watch?v=c2OvCy2ixA0'
  • 『濱口竜介(はまぐち・りゅうすけ)』
    1978年、神奈川県生まれ。2008年、東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作『PASSION』がサン・セバスチャン国際映画祭や東京フィルメックスに出品され高い評価を得る。その後も日韓共同製作『THE DEPTHS』(2010)、東日本大震災の被災者へのインタビューから成る映画『なみのおと』『なみのこえ』、東北地方の民話の記録『うたうひと』(2011~2013/共同監督:酒井耕)、4時間を越える長編『親密さ』(2012)を監督。2013年からは神戸に居を移し「即興演技ワークショップ」を9月から開催。精力的な制作活動を続けている。最新作は『不気味なものの肌に触れる』(2013)。
  • 『PFFぴあフィルムフェスティバル』
    “映画の新しい才能の発見と育成”をテーマに、1977年にスタートした映画祭。現在では、単なる映画祭の枠に留まらず、映画コンペティション「PFFアワード」を中心に、“新しい才能”を発見し、紹介し、育成していくなどの活動を行っている。
  • 『水戸短編映像祭』
    映画を含む映像作品に焦点を当てた映画祭。短編映画のみに止まらず、MV、CM、アートフィルムなど、様々な映像と名の付くものを、鋭い視点で切り取り、現在の最速の映像シーンを、作品上映やゲストトークを交えて紹介する「招待上映部門」。新しい才能の発掘を目的としたコンペティションをおこなう「コンペティション部門」から成りたっている。