LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

シム・ソンボ監督作品『海にかかる霧』

4月17日(金)より、TOHOシネマズ新宿他全国順次公開

ポン・ジュノ初プロデュース作品!あの日、海の上で起こったことは、誰にもはなしてはならない。

『殺人の追憶』(04)『グエムル-漢江の怪物-』(06)『母なる証明』(09)など話題作を手掛けてきたポン・ジュノが初めてプロデュースしたサスペンス映画『海にかかる霧』が4月17日(金)に劇場公開されることが決定。また、手に汗握る緊張感のある予告編が解禁になった!本作は2001年に実際に起こった「テチャン号事件」をベースにした舞台「海霧(ヘム)」を映画化したもの。人間の本質に迫った骨太な原作に魅了されたポン・ジュノは、『殺人の追憶』の脚本家で、絶大な信頼を寄せる盟友シム・ソンボを監督に指名。ソンボは初監督作品とは思えない力強い演出で期待に応えた。主演は、ナ・ホンジン監督の『チェイサー』(09)や『哀しき獣』(10)など、これまで数々の作品で、その鬼気迫る演技力と圧倒的な存在感を放ち、名実ともに韓国を代表する俳優となったキム・ユンソク。そして、人気グループJYJのメンバーとして活躍し、日本でも爆発的人気を誇る韓国のスター、パク・ユチョンが本作で本格的スクリーンデビューを飾り、韓国のアカデミー賞と言われる大鐘賞や青龍映画賞など主要映画賞の新人賞を総なめにして、本作で若手演技派のトップに躍り出た。韓国本国では、公開から6日間で100万人を超える観客動員を記録して大ヒット。多くの競合作を抑えて2015年米アカデミー賞外国語映画賞の韓国代表にも選出された話題作となっています。

【Story】

不況にあえぐ漁村。6人の乗組員を乗せたチョンジン号は、今日も一発逆転の大漁を狙って出航するが叶わない。切羽詰まった船長は、中国からの不法移民の密入国を手伝う、という闇ルートの仕事を引き受けてしまう。沖合で密航船と合流し、密航者たちを乗り越えさせて陸へ運ぶ。しかし、容易く思えた計画は海上警察の調査、悪天候に阻まれ、思いもよらぬ事態に陥って行くのだった…。
シム・ソンボ監督作品『海にかかる霧』
4月17日(金)より、TOHOシネマズ新宿他全国順次公開
■公式サイト
http://www.umikiri-movie.com/
■公式Twitter
https://twitter.com/umikakaru
『海にかかる霧』

(原題:해무 英題:Haemoo|2014年|韓国|111分|カラー|スコープサイズ|5.1ch|韓国語|字幕翻訳:小寺由香 |©2014 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & HAEMOO Co., Ltd. All Rights Reserved.)

監督:シム・ソンボ/脚本:シム・ソンボ、ポン・ジュノ

製作総指揮:キム・ウテク/製作:ポン・ジュノ、チョ・ヌンヨン、キム・テワン

出演:キム・ユンソク|パク・ユチョン|ハン・イェリ|イ・ヒジュン|ムン・ソングン