LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

エヴァ・イオネスコ監督作品『ヴィオレッタ』

カンヌで議論を呼んだ衝撃の実話 フレンチロリータの新星誕生!!

1977年《母親が実の娘のヌードを撮る》という反道徳的なテーマで、フランスのみならずヨーロッパや日本でも大きな議論を呼んだ写真集「エヴァ」。

それから34年を経て、被写体だった娘のエヴァ自身が監督となり自らの体験を映画化。2011年のカンヌ映画祭で批評家週間50周年記念映画として上映され、物議を醸した本作がついに日本公開。

本作で戦列なデビューを飾ったのはヴィオレッタ役の新人アナマリア・ヴァルトロメイ。また、フランスを代表する俳優イザベル・ユペールとドニ・ラヴァンの見事なアンサンブルが映画を引き立てる。スタイリストのキャサリン・ババによる70年代ファッションも見どころの一つ。

【Story】

女流写真家の母アンナ(イザベル・ユペール)は仕事で家を留守にする毎日。母の愛情を求める娘のヴィオレ ッタ(アナマリア・バルトロメイ)は優しい祖母に育てられながら母の帰りを待っていた。

そんなある日…突如帰ってきたアンナは、ヴィオレッタを写真のモデルに誘う。母の愛を求めるヴィオレッタはモデルになる事を決心。しかし、アンナの要求は徐々にエスカレート、大胆なカットを要求されるように。

最初はごく普通のあどけない少女だったヴィオレッタは煌びやかな衣装とメイクで次第に大人の女の色香を漂わせ、退廃的な少女に変貌していく…
エヴァ・イオネスコ監督作品『ヴィオレッタ』
5月10日 シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開予定
■公式サイト
http://violetta-movie.com/
■公式Facebook
https://www.facebook.com/violetta.movie
■公式Twitter
https://twitter.com/movievioletta
『ヴィオレッタ』
© Les Productions Bagheera, France 2 Cinéma, Love Streams agnes b. productions

監督・脚本:エヴァ・イオネスコ/衣装:キャサリン・ババ /音楽:ベルトラン・ブルガラ

出演:イザベル・ユペール、アナマリア・ヴァルトロメイ、ドニ・ラヴァン
2011/フランス/106分/カラー/原題:My little Princess R15+
  • 『定者如文(じょうしゃ・ゆきぶみ)』
    兵庫県神戸市出身。映画少年だった幼少期、バイクに溺れた10代、旅行に彷徨った20代前半を経て26歳で大阪芸術大学映像学科に入学、30歳で卒業・上京し東京藝術大学映像研究科第一期生として過ごし31歳で映像業界へと進む。その後映像業界で数々の現場をこなし東京で過ごした10年のキャリアの集大成として本年度の文化庁新進芸術家海外研修制度を利用してアメリカへと渡る予定。