LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作品『ウィンター・スリープ』(英題)

第67回カンヌ国際映画祭 パルムドール大賞 国際批評家連盟賞 受賞!

トルコの名匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の最新作「ウィンター・スリープ」(英題) が第67回カンヌ国際映画祭で、みごとパルムドール大賞、国際批評家連盟賞をダブル受賞!

ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督はカンヌ国際映画祭コンペティション部門ではグランプリを2回(2011年「昔々、アナトリアで」、2003年「冬の街」)と監督賞(2008年「スリー・モンキーズ」)を受賞しており、満を持してのパルムドール大賞受賞となった。

本作は3時間16分という長尺ながら、上映されるやいなや、「心を奪われ、うっとりするほど美しい」(米・ヴァラエティ紙)、「純粋な喜びに満ちた3時間16分」(仏・テレラマ誌)、「見事な傑作」(英・ガーディアン紙)と各紙が絶賛。授賞に際し、審査員長のジェーン・カンピオンは「知的で洗練された、非常に優れた映画!あまりに引き込まれて3時間の映画であることを忘れてしまった!」と称賛を贈った。

これまでヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の作品は日本で劇場公開されておらず、本作で初めて劇場公開されることになる。

【Story】

主人公アイドゥンは、かつて役者だったが、現在はトルコ・アナトリア地方のカッパドキアでホテルを経営している。若い妻と、最近離婚した姉と共に住んでいるが、冬になるにつれ、ホテルは雪に閉ざされ、彼らの間の憎しみは増幅されていく。
ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作品『ウィンター・スリープ』(英題)
2015年、日本公開決定
『ウィンター・スリープ』
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン

脚本:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン、エブル・ジェイラン

2014/トルコ, フランス, ドイツ /196分

配給:ビターズ・エンド