LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

山田勇男監督過去作品『アンモナイトのささやきを聞いた』『蒸発旅日記』

“限りない夢の物語”と“極彩色のつげ義春”

大正の日本を震撼させるべく立ち上がった無政府主義結社「ギロチン社」を描いた、山田勇男監督10年振りの新作『シュトルム・ウント・ドランクッ』の追加上映を祝して、オーディトリウム渋谷では山田勇男監督の過去作品『アンモナイトのささやきを聞いた』(92年)と『蒸発旅日記』(03年)の特別上映が4日間開催される。『アンモナイトのささやきを聞いた』は1992年度カンヌ国際映画祭批評家週間に正式出品された作品で、映画館のスクリーンに映写されるのは実に20年振りとなる。また、『蒸発旅日記』は同名のつげ義春のロングセラーエッセイを映画化したもの。ノスタルジックな“つげワールド”を具現化したのは美術監督、木村威夫。当作は既成概念には決してとらわれない魔術的なイマジネーションと色彩・空間造形で、観客を異次元へと誘う。

この旧作2本が劇場でかかるということはなかなかあり得ないことであるそう。是非この機会に山田勇男監督の映画世界に酔いしれてみてはいかがでしょうか?
■オーディトリウム渋谷
オーディトリウム渋谷(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)
http://a-shibuya.jp/archives/10279
■チケット料金

当日券:1,000円均一

※『蒸発旅日記』と『アンモナイトのささやきを聞いた』は、当日券のみとなります。

※公開中の『シュトルム・ウント・ドランクッ』は通常料金です。

■上映スケジュール

2014年10/4(土)〜7(火) 

13:00~『蒸発旅日記』

15:00~『アンモナイトのささやきを聞いた』

17:00~『シュトルム・ウント・ドランクッ』
■『シュトルム・ウント・ドランクッ』公式サイト
http://sturm-und-drang13.net/
『アンモナイトのささやきを聞いた』

【内容】

宮沢賢治と妹トシの関係にインスパイアされて新人監督・山田勇男が自由にイマジネーションをひろげた映像ファンタジー。ふつうの劇映画の手法を排し、美術感覚あふれる夢のイメージが連続、セリフによらず音楽のみで人物の感情を表現した独特なアート映画。1992年度カンヌ国際映画祭批評家週間正式出品作品。

監督+脚本:山田勇男/製作:堀越謙三/プロデューサー:山崎陽一 /撮影:麻生知宏/音楽:サイモン・ターナー/編集:浦岡敬一/録音:本田孜/美術:佐々木秀明/特殊美術:吉田ひでお/美術工作:木村広文/幻燈作画:鈴木翁二

出演:サエキけんぞう、石丸ひろ子、藤田哲也、木村威夫、橋本一子、一原有徳、押部麗奈、押部麗央、森雅之、鈴木翁二、花輪和一

(1992年/製作・配給/ユーロスペース)

『蒸発旅日記』

【内容】

今もなお新たな信奉者を獲得し続ける漫画家・つげ義春のロングセラーエッセイである「蒸発旅日記」を、映画化。監督は、寺山修司のスタッフとして活躍し、その後は独自の美意識にあふれた短編を撮り続けて来た山田勇男。『アンモナイトのささやきを聞いた』から10年の沈黙を破り、映画を完成させた。現実と幻想が入り混じり、昭和歌謡を思わせるノスタルジックな“つげワールド”を具現化した美術監督は、木村威夫。鈴木清順をはじめ多くの巨匠たちを支えてきた日本映画界の重鎮が、既成概念には決してとらわれない魔術的なイマジネーションと色彩・空間造形で、観客を異次元へといざなってくれる。つげ義春+山田勇男+木村威夫が生みだした妖しく切ない豪華絢爛万華鏡。

監督:山田勇男/脚本:北里宇一郎、山田勇男

原作:つげ義春/美術監督:木村威夫/撮影:白尾一博/照明:宮下昇/編集:斎藤禎久、白尾一博/企画・製作・プロデューサー:岡田博/製作・配給:ワイズ出版

出演:銀座吟八、秋桜子、清水ひとみ、住吉正博、藤繭ゑ、飯島大介、近藤京三、石川真希、七海遥、和田幾子、和崎俊哉、田村高廣、他

(2003年/製作・配給/ワイズ出版)

『シュトルム・ウント・ドランクッ』

【内容】

異才、山田勇男監督の新作。大正の日本を震撼させるべく立ち上がった無政府主義結社「ギロチン社」が極彩色に蘇る。大正十一年、冬。放浪の旅を終えた中浜哲(寺十吾)は、旧友、古田大次郎(廣川穀)と「ギロチン社」を結成。 大企業への恐喝で資金を得ながらテロルを企てていた。 しかし、酒と色に溺れながら革命を目指す彼らを関東大震災が襲い、さらに大杉栄(川瀬陽太)が、戒厳 令に乗じて虐殺される。復讐を誓う「ギロチン社」だが......。 最後に嗤うのはピストルと爆弾か、それとも国家か。そしてすべてを見はるかす謎の女性・松浦エミル(中 村榮美子)は何を想って涙するのか。時を越え、カフェー南天堂では盛大に音楽が鳴り響く...... !

監督:山田勇男/脚本:山田勇男、高野慎三/企画:高野慎三/プロデューサー:古屋淳二/撮影・照明:四宮秀俊/美術:水谷雄司/録音・音響・足音:藤口諒太/助監督:山川宗則、中村友紀、宍戸律子/編集:山川宗則/音楽:珠水/衣裳:雪港、髙橋真哉子

出演:中村榮美子、寺十吾、吉岡睦雄、銀座吟八、小林夢二、上原剛史、海上学彦、礒部泰宏、松浦祐也、山本亜手子、藤野羽衣子、宮内健太、井村昴、川瀬陽太、流山児祥、佐野史郎、あがた森魚 ほか

(2013年/138分/日本/カラー/16:9/HD/3.0chステレオ)