LOAD SHOW

A Rooted Soul. Vagabond Eyes.

映画の未来をいち早く
Be the first to witness the future of films

『 雪の轍(わだち)』公開記念 ロシア文学者・沼野充義氏トークイベント!

6月27日(土)より、角川シネマ有楽町および新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

チェーホフとドストエフスキーが共存する稀有な映画!

第67回カンヌ国際映画祭にてパルム・ドール大賞を受賞した、トルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督初の日本劇場公開作となる『雪の轍(わだち)』は、チェーホフの作品をモチーフに、監督が愛してやまないロシア文学の要素が存分に盛り込まれていることから、公開記念として”ロシア文学者・沼野充義氏が読み解く『雪の轍(わだち)』で描かれるロシア文学”と題したトークイベントが行われた。
【イベント実施概要】

■日時:6月21日(日) 15:00~

■会場:紀伊國屋 新宿南店

■トークゲスト:沼野充義氏(ロシア文学者)

【トークレポート】
『雪の轍(わだち)』を一足先に鑑賞した沼野氏は、「凄い映画だった。登場人物の会話を軸に物語が進んでいき、3時間16分という長尺ですが、最後まで飽きさせない。」と大絶賛。本作がチェーホフをモチーフにしていることについて、「チェーホフは日本でも劇作家として有名で、毎年チェーホフの作品が上演されていますが、本作でジェイラン監督がモチーフしたのは、「妻」、「善人たち」という短編です。チェーホフは、短編を数百本書いており、短編の世界的な名手ですが、この2作は一般にあまり知られていません。」とジェイラン監督がチェーホフマニアであることが明らかに。
「チェーホフだけでなく、ロシア文学を愛しているジェイラン監督だけあって、劇中いたるところにその要素がみられます。私としては、ドストエフスキーの色合いが濃いように感じていまして、裕福な主人公アイドゥンは、悪い人間ではないが、他人に関心がない。貧しい民であるイスマイルという男は、困窮しており、無能だが、自尊心があるという登場人物たちの設定など、「カラマーゾフの兄弟」と「白痴」を基にしていると思います。」と語り、「人間の魂というものは不条理なところがあり、愛と憎しみなど相反するものが同居しています。貧しいイスマイルが巨額なお金を恵まれた時、受け取るか、受け取らないか、せめぎ合う葛藤など、対立する、同居できないものを一緒にさせるというところもドストエフスキー的です。また、チェーホフとドストエフスキーはロシアでは神のような存在でして、二人の作品を融合させることができたのもトルコ人の監督だからこそだと思います。」と力説した。
「その他にも、カミュやシェイクスピアも要素もありまして、主人公が経営するホテル名はホテル・オセロで、これはシェイクスピアの戯曲「オセロ」からきていると思いますし、劇中には「リチャード三世」の台詞も出てきます。元舞台俳優という設定の主人公の部屋には「カリギュラ」のポスターなどが飾られていますし、ジェイラン監督自身がシェイクスピアに思い入れがあるのではないでしょうか。」と語った。
【Story】
カッパドキアの洞窟ホテルを舞台に、今は裕福なホテルのオーナーとして暮らす元舞台俳優のアイドゥンと若く美しい妻との生活、そして妹との愛憎、さらに主人公が思わぬ形で恨みを買ってしまったある一家との不和を描く。彼らの住むカッパドキアに冬が訪れるとともに、取り残された彼らの鬱屈した内面が静かに明らかになっていく。
ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作品『雪の轍(わだち)』
6月27日(土)より、角川シネマ有楽町および新宿武蔵野館ほか全国順次公開
■公式サイト
http://www.bitters.co.jp/wadachi
■公式Facebook
https://www.facebook.com/yukinowadachi
■公式Twitter
https://twitter.com/wadachi_movie
『雪の轍(わだち)』
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン

劇中曲:シューベルト「ピアノソナタ第20番」/脚本:エブル・ジェイラン、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン

出演:ハルク・ビルギネル、メリサ・ソゼン、デメット・アクバァ、ネジャット・イシレル

英題:Winter Sleep/原題:Kış Uykusu

協力:ターキッシュ エアラインズ/後援:トルコ大使館 ユヌス・エムレ インスティトゥート

提供:ビターズ・エンド、KADOKAWA、サードストリート/配給:ビターズ・エンド

  • 『沼野充義(ぬまの・みつよし)』
    1954年、東京生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(現代文芸論、スラヴ語スラヴ文学研究室)。東京大学教養学部教養学科卒、同大学人文科学研究科大学院を経て、フルブライト留学生としてハーヴァード大学大学院に学ぶ。著書に、「屋根の上のバイリンガル」、「W文学の世紀へ」、「徹夜の塊 亡命文学論」(サントリー学芸賞受賞)、「ユートピア文学論」(読売文学賞受賞)、訳書に、レム「ソラリス」、ナボコフ「賜物」など。文芸評論、翻訳、日本文学の海外への紹介にも積極的に取り組んでいる。